ここから本文です

ソ連国内ではどうしてペプシ・コーラを売ることが出来たのですか?ロシア連邦にな...

cim********さん

2019/4/1303:42:26

ソ連国内ではどうしてペプシ・コーラを売ることが出来たのですか?ロシア連邦になった頃、ロシアではコカ・コーラは新鮮な味で、ペプシ・コーラは郷愁の味とされていました。

閲覧数:
29
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

wak********さん

2019/4/1306:31:44

ペプシコーラは1970年にソ連と独占契約を締結、以降共産圏でも普通に購入できたのです。その背景には、ペプシの元顧問弁護士だったのが当時のアメリカ大統領リチャード・ニクソンだったということらしい。
つまりペプシはロシアでは古くから飲まれていた馴染みの味だったということ。ソ連の偵察機の窓越しにペプシの瓶を見せている搭乗員の写真が有名になったんだよね。あの写真は東西の雪解けを何よりも雄弁に語る一枚だった。ああ。もうきっと全面核戦争は起こらない、大丈夫だと思える一枚だった。
飲み物は偉大だね。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる