ここから本文です

カメラに関する知識を紹介したサイトに書かれていた事です。 まず、センサーに...

dde********さん

2019/4/1400:16:07

カメラに関する知識を紹介したサイトに書かれていた事です。

まず、センサーに付着するゴミやホコリの事。

これは正確に言うと、センサーの手前のフィルターに付着する事。

センサー自体に付着するのではない。
場面によっては目立ちにくいので、気が付かない事もある。

センサーのゴミに関しては、プロでも気が付かない、気にしない人もいる。

センサーのゴミは肉眼では直接見つける事は難しいほど小さなもの。


ゴミの付着に関しては、レンズ交換以外にも、カメラを使っているうちに発生するゴミも存在する。
簡単に言えば、カメラ自身が自分で作りだしたゴミ。


センサーにゴミを付着させない予防法。

電車やバスの移動では、網棚に置かずにバックごと膝の上に抱え込む。
車での移動は、トランクに入れずにシートの上に置くか膝の上に置く。

センサーのゴミが怖いんだったら、極論、スマホのカメラを使うしかないという事ですか?

閲覧数:
110
回答数:
14

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

プロフィール画像

カテゴリマスター

ele********さん

2019/4/1601:21:34

>これは正確に言うと、センサーの手前のフィルターに付着する事。

正確にはそのとおりですが、広義ではフィルターも込みでセンサーという場合もあります。

>センサーのゴミは肉眼では直接見つける事は難しいほど小さなもの。

そうですね、肉眼で見える物は非常に大きいです。1ピクセルなら数マイクロメートルレベルですから見えません。

>カメラを使っているうちに発生するゴミも存在する。

ホコリはカメラの内部にも外部と同じレベルで存在します(カメラ内は真空ではありませんからピント合わせやズーミングでレンズが動くと、気圧が変化して空気が動きます。内部の気圧が下がれば空気が外から入りますから外部からホコリ(カビの胞子もPM2.5も)の浮遊した空気が入り込みます。
ミラーレスならセンサー前にミラーが無いので付着しやすいですが、逆に一眼レフだとミラーが上下して風をおこしてホコリが舞い上がります。

>網棚に置かずにバックごと膝の上に抱え込む。

そうかな?・・・カメラバッグを網棚に置かないのは落下させないため、盗難防止や置き忘れに注意しているからでホコリ対策ではないです。

>車での移動は、トランクに入れずにシートの上に置くか膝の上に置く

そうかな?・・・真夏の炎天下だとシートのほうが良いとは思いますが、冬場だと結露対策で急激な温度変化を避けるためトランクのほうが良いこともあります。一概には言えません。

レンズ交換式カメラを使うならホコリは覚悟して使うものでしょう。カメラ機能のダストクリーニングを使います、ブロアを持ち歩きますし、センサーのエタノール清掃も自分でやります。レンズ交換の状況を考えたりはしますがホコリそのものはとくに怖さを感じません。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/13件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

mur********さん

2019/4/1722:50:27

> センサーのゴミが怖いんだったら、極論、スマホのカメラを使うしかないという事ですか?

本当に「怖い」のならその通りですが、掃除すれば非常に高い確率で除去できるものですから、怖がる必要ないでしょ。

自分で掃除するのが面倒とか、自信無いとか、掃除用具を買うのが嫌だとかいう場合でも、SCに持ち込めば掃除してくれますし。

rc7********さん

2019/4/1722:44:05

ゴミが写り込まないよう、掃除はこまめにやっています。

レンズ交換時はブロアーで念入りにボディ側、レンズ側双方のゴミを飛ばす。レンズを外したボディはマウント側を上にして置かない。そして、レンズ交換をしなくても、使用前あるいは使用中、適宜ボディやレンズの外側をチェックしゴミが付着していたら取り除く。さらに、ボディとレンズを別にして保管するときは、レンズキャップやボディキャップの内側に付着したゴミも吹き飛ばしてから装着。

ここまでやって、とりあえずゴミの写り込みは予防できており、たぶん頻度としては、ほぼ毎週末の使用に対し年に1回も無いぐらいだと思います。

それでも限界があり、「とりあえず」と書いたのは、あくまで写り込むような大きなゴミ付着の予防に成功しているだけだからです。たまにメーカーにメンテナンスに出すと「センサーにホコリが付着していたので除去しました」と明細に書いてあり、微細なチリ・ホコリの付着まで予防するのは難しいようです。

ですから、私は「諦めが肝心」だと思っています。

プロフィール画像

カテゴリマスター

mom********さん

2019/4/1701:45:06

概ね合っていますが、目に見えるサイズの塵や埃もあります。「予防法」については「?」が多いです。

wiv********さん

2019/4/1701:40:52

ゴミやホコリの付着を気にしてたらカメラなんて使えませんよ。
クリーンルームだって通常より埃が少ないだけであるし、スマホのカメラだって知らないうちに使っているとゴミは入る。
結論は写りに気にならない程度のゴミは許容しろ。

neo********さん

2019/4/1700:09:13

センサーにゴミを付けない予防法
埃のないクリーンルームにて保管。
入室には化学繊維の防護衣に身を包んでエアシャワーを浴びてから。手荷物の持ち込みは厳禁。
室内で撮影の後、同様の手順で退室。
スマホのカメラもゴミが怖いので同様に保管。

ゴミはローパスフィルターより内部に入ったこともあるので一般論はともかく、例外もあるかと。
とりあえず埃なんて気にしません。レンズもボディギャップなしで首に下げて砂浜をスライディングしてやりますよ、いえ、本当にそんな取り扱いしてますが。(帰ったら無水エタノールで拭きますが。)
正直絶対に写らないけどペンタ部にゴミが入る方が気になって仕方ないです。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる