ここから本文です

アルミニウムと水酸化ナトリウム水溶液が反応すると水素が発生する

アバター

ID非公開さん

2019/4/1418:14:15

アルミニウムと水酸化ナトリウム水溶液が反応すると水素が発生する

基本的な酸化数の決め方のルールは知っていますが、錯イオンになる時はどのようになるのでしょうか?
この反応でアルミニウム原子の酸化数の変化を教えてください。

閲覧数:
82
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

kam********さん

2019/4/1418:40:05

2 Al + 6 H2O → 2 Al(OH)3↓ + 3 H2↑・・・①(Al:+Ⅲ)
2Al(OH)3 + 2NaOH → 2Na[Al(OH)4] ・・・②(Al:+Ⅲ)
①と②をまとめると、
2NaOH + 2Al + 6H2O → 2Na[Al(OH)4] + 3H2↑
※錯イオンは水酸化アルミニウムに余剰の水酸化ナトリウムの水酸基がAl3+の価電子に配位してAl(OH)4-となったものなので、アルミニウム原子の酸化数は+Ⅲのまま変わりません。

アバター

質問した人からのコメント

2019/4/14 19:14:02

ご丁寧な解説ありがとうございました!

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる