ここから本文です

昔の太古の数珠は香りが強い樹木から玉が作られていた。

ame********さん

2019/4/1420:07:35

昔の太古の数珠は香りが強い樹木から玉が作られていた。

そう考えたら、数珠は今で言う虫除けか、風呂に毎日入らず体臭が臭かったので今でいうフレグランス、香水の役割をしていたのでは?

閲覧数:
7
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

kob********さん

2019/4/1514:10:56

その可能性はあると思います。

サクラやクルミの材も数珠にしますが、どちらも除虫の力があります。

またクルミ材は香りもあります。

なによりも、カヤ材は、数珠の代表格ですが、

これは、榧、栢とも書きますが、その語源は、カヤリです。

カヤリとは、蚊を寄せ付けないということです。

昔は、カヤを燃やして蚊を撃退しました。

そのため、夏に部屋に吊るした蚊除けも、蚊帳(かや)と呼ぶようになりました。

質問した人からのコメント

2019/4/15 19:35:25

ありがとうございます

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる