ここから本文です

ナチス・ドイツは

アバター

ID非公開さん

2019/4/1423:42:26

ナチス・ドイツは

アメリカやソ連と張り合える程の経済力を持っていたと思いますか?

閲覧数:
28
回答数:
2

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

glo********さん

2019/4/1520:07:15

無理です。
たとえば1939年のドイツの国家予算の8割が軍事費でGDPの20%以上を軍事に投じるという異常な軍事優先体制でした。
その軍備を有効需要として経済を回していたのですが、当然ながらこれが破綻するのは時間の問題であり、アメリカはもちろんソ連やイギリスに張り合うのも不可能です。

  • アバター

    質問者

    ID非公開さん

    2019/4/1700:28:00

    やはりそうですよね。
    英語の文献に書いていたので、おかしいなと思いました。
    教えてくれてありがとうございます

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

ant********さん

2019/4/1920:54:33

面白い質問ですね!

>ナチス・ドイツはアメリカやソ連と張り合える程の経済力を持っていたと思いますか?

結論を先に言えばNOです。
ナチスドイツは当初経済で言えばヨーロッパではイギリスに次ぐ工業大国でしたが、そのイギリスもフランスも植民地によって維持されていたものであり、実質的な経済力は大きくありませんでした。事実敗戦後初めてフランスフランドル地方に侵攻した時の軍力は殆どありませんでしたが、その見た目の巨大さにフランスは沈黙してしまいました。

さて、アメリカは当時資本主義を先導する存在で、恐慌を抜けてからは世界経済に影響を与える程の超大国ではあったものの石油資源にも恵まれ、金融により内需だけで十分に国民は潤っており、国民は満足し国際連盟も発足しており孤立主義ゆえに軍縮を図っていました。ソ連もスターリン政権下で石炭、穀物と、1500万とも言われる強制労働者とその粛清で中央政権のみは繁栄していました。
要はアメリカもソ連も内需で軍備はあくまで国防程度と考えていました。
対しドイツはその工業力の殆どを軍備増強に与え、まさに軍事だけで言えば世界一でした。だから快進撃を続ける事ができたのです。

しかし、ソ連侵攻(バルバロッサ作戦)、同盟国我が国の真珠湾攻撃に乗じてアメリカに宣戦布告。こういった愚策で2つの大国が経済を軍事に傾けたとき、すでに負けは決まっていたようなものです。

あわせて知りたい

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる