ここから本文です

質問です。 各自治体に有る教育委員会にはどんな人々が働いていますか?年収はど...

ki6********さん

2019/4/1507:39:59

質問です。
各自治体に有る教育委員会にはどんな人々が働いていますか?年収はどの位ですか?

どの様にして選ばれていますか?関連経費などはどの位使えますか?

任期などは有りますか?

教えて下さい。

閲覧数:
21
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

kaj********さん

2019/4/1615:54:56

教育委員会の職員については、各自治体の公務員試験を突破した人たちが勤務して居ます。

例えば市役所の採用試験を受けて、Aさんは福祉課、Bさんは児童課、Cさんは教育委員会・・・というような感じで、ランダムで配属されます。

その上で数年勤務したら、Aさんは都市整備課、Bさんは環境課、Cさんは土木課・・・というような感じで、全然関係ない所に異動になったりします。

なのでランダムで教育の専門家ですらないと思っておいて下さい。


ちなみに関連経費は基本的には使えません。

というのも、予算を決定するのは各地の議会です。

確かに議会に対してこれだけの予算が欲しいと要望を出す事は可能です。

が、議会が不可だと言ったら不可です。
全て議会が許可した内容にしか使えません。


とりあえずはそんな形になります。


ただし、ここまでは教育委員会の職員について話しています。

実はこれとは別に、教育委員会には教育委員という人達が居ます。

これは法令で5人と決まっています。
人口200人くらいの自治体でも5人ですし、30万人くらいの人口が居ても5人です。

ただし、議会で別途条例を作り、1人増やしたり2人増やしたりする事は可能です。
が、全国の9割程度の自治体では5人となっています。

この教育委員ですが、任期は4年です。

選任方法については、議会の同意があった人のみ就任出来ます。

その上で教育委員になった人たちは、教育委員会で行う全ての事案について、委員の多数決で決定をします。

例えば先ほど"予算が欲しいと要望を出す事は可能"とは言いましたが、予算が欲しいと要望を出すかどうかは教育委員の多数決で決まります。

事務職員がどれだけ熱望しても、教育委員が反対すればダメです。
でも教育委員が賛成したとしても、議会も突破しないとダメな訳です。


ちなみに注意点として、教育委員会は教育行政全般を担当する組織です。

このため、学校も管轄しますが、文化財関連や図書館関連、スポーツ施設関連に生涯学習関連など、様々な業務があります。

文化財の発掘などもそうですし、中央図書館の運営などもそうですし、給食センターの運営もそうですし、公民館での老人向け健康体操なども管轄です。

このため教育委員も5人居る訳ですが、学校関係の専門家は全国平均で約3割程度、つまりは5人の委員の中の1人か2人です。


とりあえずは教育委員会の仕組みや職員、教育委員についてはそんな感じですね。

長くなりましたがとりあえずはこの辺で。

  • 質問者

    ki6********さん

    2019/4/1618:03:28

    ありがとございました。会社の役員の様な人が居るわけですね。組織としての教育委員会、その上の教育委員。大変詳しくわかりやすく説明して頂き感謝します。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

質問した人からのコメント

2019/4/16 18:05:17

非常に役にたちました。こうして誠実に教えて頂けると心が癒されます。ありがとうございました。

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる