ここから本文です

母の老後について答えが出ないので相談させてください。

kkk********さん

2019/4/1623:28:58

母の老後について答えが出ないので相談させてください。

・母 63歳。
48才の時熟年離婚。53歳の時線維筋痛症を発症。59歳の時再婚。61歳の時離婚。現在一人暮らしで事務として働いています。

私は1人娘です。結婚が決まり、県外に嫁ぐことになりました。

そこで、今後の母への対応のアドバイスをお願いします。

母からしてみると1人娘で近くに住んでいるくせに全然会ってくれない。病人なのに優しくする素振りもみせない。そして県外に嫁ぐのでもう永遠の別れのようにセンチメンタルになっています。

気持ちは分かるのですが、娘としては離れる事ができてホッとしているのが正直な気持ちです。熟年離婚した時は私が絶対支えるぞ、という覚悟でしたが、再婚したい人がいると言われた時、遠い存在に感じてしまいました。私より先に嫁に行く母を見て、心の中で覚悟と卒業する気持ちを持って認めたつもりでした。しかし、結局その人とも上手くいかず2年で終わりました。さらに線維筋痛症で夜中にうめいている現場を一度見て、強かった母が…というギャップに正直トラウマになってしまいました、、。
なので帰省しても日帰りか一泊するくらいです。

母が1番辛いのは分かります。娘が巣立つ時、支えあう夫がいると心が軽くなるでしょう。しかし、それを選ばなかったのは母だと思うのです。結婚して二世帯で母と同居する娘もいるでしょう。でもそれなら再婚しなかったら良かったのに、と思うのです。。

私が大人げなく、冷酷な人間なのでしょうか。
きっと今後も泣いて愚痴を言われる事が何度もあると思うのですが、どのような対応がお互い傷つけあわずにすむでしょうか?
また母の老後はどうしたら良いでしょうか?

長文読んで頂きありがとうございました。

それを母に言ってもどうすることもできないし、変えることはできません。ただ、老後は私が面倒みないとダメなのだろうとも理解しています。

閲覧数:
317
回答数:
8

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

azu********さん

2019/4/1700:29:22

時が来れば施設へ入れればいい。
たまに会いに行ってあげればいい。
親に振り回される必要なんてない。
あなたはあなたの人生を生きた方がいい。
負担に思うのなら関わらない方がいい。
でも考えてください。
あなたの人生ですから。
おかあさんが死んだとき後悔することだけはしないほうがいい。

私は独り身の父を面倒見るつもりはないです。
ホームにでも入るよう50代の父へ話しています。

私が病気になったとき娘には家に帰ってきてほしくない。
なぜならこんなふうに思われたくない。
楽しかった思いでだけをもっていてほしいから。
病気でなくても絶対帰ってこいなんて子供には言いたくない。
子供には子供の人生があり、
老いぼれた親に振り回されるより今しかない時間を精一杯楽しんでほしい。
とおもいます。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/7件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

por********さん

2019/4/2109:13:44

あなたの辛い気持ちをお察しします。
私の所見で恐縮ですが、あなたがお幸せにことが大切と思います。
あなたにお子さんができて、お母様にお孫さんを抱いていただくことも、幸せと思います。
まず、ご自分を大切にして、そのうえで応援しては如何でしょうか。

プロフィール画像

カテゴリマスター

gie********さん

2019/4/1916:06:51

慢性疼痛だったものです。
患者会でのサポート経験があり、また親も慢性痛になり数年大変だったことがあります(私は遠くに住んでおり、一緒に住んでたもう1人の親が痛みでいらいらされるなどし大変だった)


まず
痛みが続くと心身 疲弊します。
少しの刺激でも痛みとして出るためかなりつらいものです。

(心の問題などでなく)
脳の機能的な面から
感情的になりやすい、悲観的になりやすい面があります。

認知の歪みといってどうしてもネガティブなことを考えがちになります。


まともな人であれば、自身の症状が長引くことで、家族を疲弊させている自覚もあります。
家族に迷惑をかけていることはつらいものです。
それがまた感情の起伏の差や、痛みにつながる悪循環になります。


難しい話ですね。


とりあえず
繊維筋痛等の慢性痛にも詳しい医師が、
慢性疼痛患者の方とその家族の方にあてた記事がありますのでそれもなにがしかの参考になるやもしれません・・・

https://junk2004.exblog.jp/27005184/

hha********さん

2019/4/1711:12:43

介護は 先が見えません。
距離間が大切になります。
近く 無理をすると 共依存 や 介護鬱 等 貴女の新たな生活に影響する事も。

やる事は 事務的な事は この先 引き受ける事になるでしょう。
介護申請等。

介護保険で頼める事は 他人に頼みましょう。
介護職員さんや デイサービス等の仲間と関わる事で 気持ちが娘に集中しないのでは?

まだ、年齢的に早いのでしたら 地域包括支援センターや 地域の趣味活動に参加させてみて下さい。

夫婦でいても 会話が合わないなら 居てもね。
それでしたら 同性の気の合う友人を近所で作り 退職後も お茶をしたり 出来た方が幸せで 安心かと。

我が家は 事務的な事 家事等は しますが 世間話や愚痴等は 聞きません。
全部は 無理で やれば倒れてしまいます。
長く続けるには キッパリした態度が大事です。

それも 先延ばしにすると 年齢的に受け入れが難しくなるので このタイミングで 良かったと思いましょう。

私も 子を縛り付けたく無いと考えますが この先 高齢者が増えたらどうなるか?
社会で支えていく仕組みが維持していれば良いけれど。
それでも 申請しないとサービスが受けられない仕組み。
だから 高齢者になれば 事務的な事は 頼る事になるかなと。

親子には どの家庭にも 歴史があります。
だから 仲良し親子の家庭もあれば クールに距離間を保つ親子の家庭があっても良いのです。

世の中 子が無く 連れ合いを亡くし 独居の高齢者もいます。
それでも 楽しく 介護職員さん等に守られて過ごしている方も。

子がいても 独り引きこもり過ごしている方も。

選ぶのは 本人ですが 時には 介護職員さんからの声掛けから 変化する事もあるので 時には 周囲に助けを求める事も大切です。

参加になれば。

atg********さん

2019/4/1705:07:43

ご結婚が決まりおめでとうございます。

お母さんとの関係ですね?
子供の頃の事が少しわからないので、ちょっと違う解釈をしてしまうかもしれませんがごめんなさいね。

質問者様、お母さんをもう見捨ててもいいですよ。

お母さんを捨ててもいい、、。
この言葉、すごく動揺しませんか?

質問者様は一人っ子、
いつか親の介護をしなくっちゃ!
子供は私だけ

仲良く親子だったし、子供だから気づかなかったけれど、

小さいから無意識に、お母さんの喜ぶ顔がみたい。お母さんを悲しませたくない、お母さんに笑っててほしい。

健気なあなたが、そう無意識に決めて、仲良くやってきた。

身体が大人になり、自分の行動が取れるようになると、母は重い存在になります。

あなたは自分でもう行動も出来る。母の顔色に合わせたくない。自分の気持ちのまま、行動がしたい。

その間で苦しんでいます。
カウンセラーです。

今は母娘の関係が重くなってしまって、母は娘だけを頼りに、、、あなたは自分を生きたいし、そう行動も出来る。小さな頃の気を遣ってしまっていた、その癖もやめたい。

あなたの深層では、
頭では一人っ子、私だけしかいない、私がなんとかしなきゃいけない立場だ。

気持ちは、
もう重すぎて勘弁して欲しい。出来たら遠ざかりたい、逃げたい、避けたい。

このアンバランス。
だから今の苦しみは生じて当たり前です。

あなたが、あなたを一旦許してあげて下さい。

あなたが、母を親を見捨てる事を許してあげて下さい。
もう、捨ててもいいーと。
すごい葛藤があるかもしれません。もがいてもいい。この葛藤を十分に感じ、自分と闘って下さい。

そして、この葛藤の末、あなたが母を見捨てることをあなたを許した時、

やっと、
あなたがお母さんに対して許してあげることができます。

母を見捨てる、そうする事であなたの中で癒しが起こります。

そこまで来ると、

あなたがお母さんを許し、介護のことも、母の結婚のことも、様々なことが数珠繋がりでうまくいくようになります。


母のことだけど、これは自分の中の問題です。

あなたが試されてる。これから本当の意味で自立してやっていくために、試されていること。

お母さんときっとうまくいくようになっていきます。
その時はお母さんは重くないですよ。


お幸せに。

vit********さん

2019/4/1700:20:16

私もお母さんと同年代です。
娘に不必要に甘えようとは思わないけど、
ただ病気を持っていて、近くに身内がいない
というのは結構心細いかなと思います。
(繊維筋痛症って、結構痛くて辛いと聞き
ますし)

また子どもが結婚する前というのは、母親も
ちょっとナーバスになるものです。
あなたも色々複雑な思いはあるでしょうが、
次のようなことを伝えて安心させてあげた方が
いいと思います。

育ててもらったことへの感謝と、親を大事に
思っていること。
家は離れるけど、つながりが切れるわけでは
ないこと。

老親の世話は、一人っ子に限らず、誰でもついて
回ります。
ちなみに、離れて住む親の世話の仕方は人それ
ぞれです。
近くに呼び寄せる人、自分が親のところに通う
人、施設入所にする人。
必ず引き取って面倒見ることだけが介護では
ないので、その辺は情報を集めつつ、追々考えて
いってください。
まだ時間はありますので。

あわせて知りたい

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる