ここから本文です

シャルピー衝撃試験において周囲は延性破壊をして中心は脆性破壊をする理由につい...

アバター

ID非公開さん

2019/4/1701:24:36

シャルピー衝撃試験において周囲は延性破壊をして中心は脆性破壊をする理由について、

SS400のUノッチ試験片を室温(約20度)でシャルピー衝撃試験を行い破面の観察をしました。延性破壊をしているのは何となくわかるのですが、中心部だけが脆性破壊している理由がわかりません。脆性破壊している真横は左右とも延性破壊なのに、、
周囲は衝撃が周囲を伝っていき延性破壊をしていき、衝撃が中心に伝わって来たところで中心部は衝撃を伝える先(?)がなく一気にのびる暇もなく脆性破壊って感じですか?
参考になるサイトなどがあれば教えてください。

閲覧数:
23
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

koy********さん

2019/4/1911:25:26

切り欠きの先端は応力集中が高いため衝撃荷重の下ではぜい性破壊を起こします。切り欠きから離れると応力集中も小さくなり、ぜい性破壊は生じにくく、延性破壊に変化します。脆性破壊の一般的特徴を調べてください。
下記のURLをご覧下さい。
http://ms-laboratory.jp/strength/4_2/4_2.htm

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる