ここから本文です

自衛官に質問です。北朝鮮がミサイルを領海に落としたり、中国公船が領海侵犯した...

アバター

ID非公開さん

2019/4/1822:41:37

自衛官に質問です。北朝鮮がミサイルを領海に落としたり、中国公船が領海侵犯したり、韓国が竹島から日本の護衛艦や航空機に爆弾を打った際に、迎撃の判断を下せる権限は1佐や2佐にはありますか?それとも 将補以上

にならないと無いですか?
僕は大学生で幹部自衛官を目指してますが、試験に受かって幹部自衛官になった暁には僕の意思で金正恩ぶっ殺して拉致被害者を奪還したり、韓国に武力行使して竹島奪還やレーザー照射に対してやり返したりできる大日本帝国時代の日本を取り戻したいと思っています。もちろん自分も戦争には喜んで参加し、先陣切って行きたいです。僕みたいな人が幹部自衛官になったら嬉しいですか?

補足ちなみに護衛艦や大きめの部隊、連隊などを現場をまとめて指揮する人はほとんど1佐か2佐ですよね?

閲覧数:
49
回答数:
4

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

h01********さん

2019/4/1911:12:50

知っていても知らなくても念願叶い幹部になるにあたって
幹候やCGC・CSなどで法律を学ぶんだけどさー

自衛隊が必要な武力行使を実行できるのは88条で規定されている。
つまり、基本的には防衛出動が発せられないと出来ない訳です。

そしてこの防衛出動の命令権者は内閣総理大臣ですよ。
幹部自衛官を目指すなら予め理解しておいた方が良いですよ。
しかも大学生ですよね?

例外は弾道ミサイル等に対する破壊措置の場合の行弾命が下されて
いれば正当防衛に基づく迎撃のみに必要な武力行使はできる。

あと、海警発令時も自衛隊の武力行使は正当防衛に基づくものだけ、
人的被害を与える可能性がある場合には無炸薬の平頭弾による
停船措置射撃を行う事のみが許されている。

>ちなみに護衛艦や大きめの部隊、連隊などを現場をまとめて
>指揮する人はほとんど1佐か2佐ですよね?

1佐以上ですが、独断専行で物事は進められないですよ。
幕僚が補佐するし、更に上級部隊の決裁が必要なんですよ。

>僕みたいな人が幹部自衛官になったら嬉しいですか?

嬉しくないです。無駄死が増えるのは間違いないでしょう。

>大日本帝国時代の日本を取り戻したいと思っています。

政治家にでもなった方が良い。

>もちろん自分も戦争には喜んで参加し、先陣切って行きたいです

外人部隊とかゲリラに参加した方が夢を実現できます。
先陣切りたいなら、RPGなんかの対戦車ロケット要員の役回りを
喜んで仲間が譲ってくれますよ。

ベストアンサー以外の回答

1〜3件/3件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

jna********さん

2019/4/1903:32:39

ミサイル破壊措置命令は常時発令中なので、現場の判断で迎撃できるのだが。

領海とEEZと区別ついてます?

ミサイル破壊措置命令は常時発令中なので、現場の判断で迎撃できるのだが。

領海とEEZと区別ついてます?

eb7********さん

2019/4/1901:35:17

ネット上で自衛官に質問しても、当人達からの回答は無いよ。
自衛隊法や自衛隊員倫理規程、服務規定に照らして、ネット上で軽々に談義するなって言われてるからね。


『自衛隊法』
第46条(懲戒処分)
「隊員が次の各号のいずれかに該当する場合には、これに対し懲戒処分として、免職、降任、停職、減給又は戒告の処分をすることができる。
一 職務上の義務に違反し、又は職務を怠つた場合
二 隊員たるにふさわしくない行為のあつた場合」

第52条(服務の本旨)
「隊員は、わが国の平和と独立を守る自衛隊の使命を自覚し、一致団結、厳正な規律を保持し、常に徳操を養い、人格を尊重し、心身をきたえ、技能をみがき、強い責任感をもつて専心その職務の遂行にあたり、事に臨んでは危険を顧みず、身をもつて責務の完遂に努め、もつて国民の負託にこたえることを期するものとする」

第58条(品位を保つ義務)
「隊員は、常に品位を重んじ、いやしくも隊員としての信用を傷つけ、又は自衛隊の威信を損するような行為をしてはならない。
2 自衛官及び学生は、防衛大臣の定めるところに従い、制服を着用し、服装を常に端正に保たなければならない」

第59条(秘密を守る義務)
「隊員は、職務上知ることのできた秘密を漏らしてはならない。その職を離れた後も、同様とする。
2 隊員が法令による証人、鑑定人等となり、職務上の秘密に属する事項を発表する場合には、防衛大臣の許可を受けなければならない。その職を離れた後も、同様とする。
3 前項の許可は、法令に別段の定がある場合を除き、拒むことができない」

第61条 (政治的行為の制限)
「隊員は、政党又は政令で定める政治的目的のために、寄附金その他の利益を求め、若しくは受領し、又は何らの方法をもつてするを問わず、これらの行為に関与し、あるいは選挙権の行使を除くほか、政令で定める政治的行為をしてはならない。
2 隊員は、公選による公職の候補者となることができない。
3 隊員は、政党その他の政治的団体の役員、政治的顧問その他これらと同様な役割をもつ構成員となることができない」


『自衛隊員倫理規程』
第5条
「自衛隊員は、職務に従事していない場合においても、自らの行動が公務の信用に影響を与えることを常に認識して行動しなければならないこと」

プロフィール画像

カテゴリマスター

ppt********さん

2019/4/1822:50:32

総理大臣の許可が必要です。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる