ここから本文です

以下の東京新聞社会面の記事を読んで、以下の質問にお答え下さい。

sle********さん

2019/4/2611:00:03

以下の東京新聞社会面の記事を読んで、以下の質問にお答え下さい。

https://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2019041801001703.html (東京新聞 社会面 温暖化、石炭全廃の座長案消える 産業界反対で大幅後退、懇談会 2019年4月18日 21時09分)

『日本の地球温暖化対策の提言をまとめた首相の有識者懇談会の議論で、主要論点の石炭火力発電の廃止に産業界の代表委員が強く反対し、内容が大きく後退したことが共同通信が入手した内部文書などで18日、明らかになった。座長の文案は「長期的な全廃」を明記したが、最終的に提言は一部委員の主張に沿う形で「依存度を引き下げる」との表現にとどまった。
「脱炭素」を掲げるパリ協定の本格始動を2020年に控え、二酸化炭素の排出が多い石炭火力を推進する日本には厳しい目が注がれており、さらに批判が強まりそうだ。(共同)』

仙台港で運転する石炭火力発電所「仙台パワーステーション」=2018年1月、仙台市宮城野区

① 石炭火力発電を温存する理由は何にありますか?

② 石炭火力発電と原子力発電のメリットとデメリットは、どこにありますか?

③ 原子力発電とは、セットで石炭火力発電は廃止すべきですか?

④ パリ協定から脱退したアメリカの思惑は何にありますか?

⑤ 最先端の『石炭ガス化複合発電』は、増やしても良いのではありませんか?

東京新聞,石炭火力発電,東京新聞社会面,原子力発電,パリ協定,石炭火力,トランプ

閲覧数:
22
回答数:
3

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

プロフィール画像

カテゴリマスター

min********さん

2019/4/2618:38:32

何で、同じ質問を3個も用意しているのか、訳の解ら無いお人と思うのであります。

① 石炭火力発電を温存するのは、発電コストが極めて安いからであります。

② 石炭火力発電のメリットは先に述べた通り安価な事であり、デメリットは硫黄酸化物や窒素酸化物等の『環境破壊物質』を排出する事であります。

原子力発電にはメリットは無く、強いて言うなら【核武装目的】と政財官学司法マスコミ等から成る原発利権集団の【原発マフィア】の既得権益の意地であり、デメリットは危険で高コストで使用済み核燃料の処分方法が無い事(【地層処分】は無理by 日本学術会議)等々挙げきれ無いのであります。

③ 原子力発電は旧式の老朽石炭火力と共に廃止すべきであります。

④ アメリカも馬鹿では無くアル・ゴア等の原発推進派が捏造した【地球温暖化CO2犯人説】が、荒唐無稽で有り得ない事だから、ドナルド・トランプは石炭火力発電を優遇する為に、有りもしない地球温暖化とCO2の因果関係を完全否定する思惑が在るのであります。

⑤ 最先端の『石炭ガス化複合発電』=IGCCは、硫黄酸化物や窒素酸化物等の『環境破壊物質』を殆ど排出せず、環境に優しい石炭火力で在るから、増やしても問題は無かろうかと思うのであります。

https://www.mhps.com/jp/products/igcc/ (三菱日立パワーシステムズ 発電プラント 石炭ガス化複合発電プラント(IGCC))

しかしながら、再生可能エネルギー比率を2030年までには50%、2050年までには100%にとの世界的潮流が有り、何れは枯渇する石炭に頼り続けるのも可笑しな話ではあります。

質問した人からのコメント

2019/5/2 21:04:46

回答ありがとうございます!

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

プロフィール画像

カテゴリマスター

yam********さん

2019/4/2620:25:00

① 石炭火力を温存するのは『原発』を稼働させるからです。原発は13か月稼働させ、3か月かけて点検・補修を行います。この間、原発の代わりに発電するのが『石炭火力』なのです。LNG火力は『13か月休み、3か月稼働する』という使い方には向かないのです。LNGは『液化状態』を保つのに費用が掛かるからです。

② 石炭火力のメリットは『燃料』の保管にかかる費用が少ないということです。デメリットはCO2排出量が多いということです。
原発にメリットはありません。

③ 原発がある限り『石炭火力』は減らせません。石炭火力を減らす前に原発を無くすことになります。

④ トランプ大統領の公約は『石炭産業の復興』です。そのために『石炭火力』を増やしたいと考えたのでしょう。しかし、米国の電力会社は州ごとに制約を受けていますから、簡単に石炭火力を増やすことは出来ません。トランプ氏の思惑は外れたようです。

⑤ 石炭による発電を必要とする国では『石炭ガス化複合発電』を行うのが良いと思います。しかし、日本では『再エネ』でCO2削減をはかる条件が整っています。
再エネ普及を目指すべきです。

chi********さん

2019/4/2616:28:49

”” ① 石炭火力発電を温存する理由は何にありますか? ”” →

資源エネルギーの購入コストが、安いもので競争力残ってるのは、温存すべきでしょうね!わざわざ捨てる馬鹿は居ませんよ! 安いのはいいに決まってます。(CO2排出は問題では無いのです。)

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる