ここから本文です

北炭夕張炭鉱の事故に代表されるような「ガス突出事故」とはどのようにして起こる...

アバター

ID非公開さん

2019/4/2218:20:05

北炭夕張炭鉱の事故に代表されるような「ガス突出事故」とはどのようにして起こるのですか?

スプレー缶に穴を開けるように、掘削機とかドリルでガスの溜まった空間に穴を開けてしまうことで発生するのですか?
調べてみてもよくわかりません

閲覧数:
15
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

cho********さん

2019/4/2419:39:24

土中の深い所にたまったガス(大半がメタンガス)が土圧で封じ込められて
その圧で 高圧になっている。

これを 坑道を掘り進むと この ガス層と行き当たります。
ガス層との 距離(壁)が厚いうちは その土壁の力で 耐えていますが
限度を超えた時に 土壁を突き破ってガスが噴出します。

川の水位が上がって 水圧が高まり 堤防が一気に崩壊する という現象と似ている。

従い 風船に穴をあける と言うより ペーパーみたいなものでこすって 風船のゴムの厚さを薄くしていくのに似ている。ある薄さになると 内圧に耐え切れず
一気に破れて 中の空気が噴出する と言う感じでしょうか。
針で穴あけ の様に ガス層に 穴をあけるのではありません。
見た目は ガス層に穴をあけた様ですが 実際は 土壁が薄くなって 土砂岩石と一体となって 吹き飛ぶ現象です。

穴あけでなく ガスの溜まった場所の 壁を薄くする という事です。
後は ガス圧と大気圧の差で 壁を吹き飛ばす。
これが ガス突出です。

従い 薄くする(ガス層に近づく)と まず じわじわ ガスが出始めます。
で これを無視すると あっという間に吹き飛ぶことになります。

じわじわ出るのを ガス検出器などで 検知して ある濃度になると 警報を発して退避するとともに 突出を防ぐ対策をしますが 夕張は この警報レベルの濃度設定を いわば 保安基準より ずっと高い所に設定していた。
この為 ガスが出始めても 仕事しろ。警報は出てない と働かせた。
それで 一気に事故につながった 人的災害。
記事見ると 悲惨ですね。生死が不明でも 火災消火で 坑道を水没させた。
生存者がいても おぼれ死んだ。

ガスの突出だけなら 被害も限定ですが 静電気等の火花で引火 ガス爆発を起こすことが多い。

アバター

質問した人からのコメント

2019/4/27 09:40:25

大変分かりやすい回答ありがとうございました。
ガス層の壁を掘り進めて薄くなり、閉じ込めるための強度が不足していき壁ごと吹き飛ばされるようなかんじなんですね!
今後の勉強の参考とさせていただきます!

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる