山口百恵さんの♪さよならの向こう側 何億光年、輝く星にも寿命があると 教えてくれたのはあなたでした。 何億光年とは星の光が地球まで届くまで 何億光年かかる 何億光年、輝く星っ

山口百恵さんの♪さよならの向こう側 何億光年、輝く星にも寿命があると 教えてくれたのはあなたでした。 何億光年とは星の光が地球まで届くまで 何億光年かかる 何億光年、輝く星っ て何? 馬鹿にもわかるように教えて下さい☆

邦楽111閲覧

1人が共感しています

ベストアンサー

0

別に説明文、学術書でもないので ♪何億光年(向うの)輝く星にも で詩的省略として個人的解釈でもいいのではないですか? でも、WIKIにはこの「さよならの向う側」を具体例として「時間の単位であるとの誤解」に載ってもいますけれども…… 誤用もこの光年の他にも、ほかの言葉でもあることですし 大体このさよならの向う側の場合時でも距離でも久遠さ、壮大さはたいして変わらないと思います。 ちなみに、同じ山口百恵さんの♪イミテイションゴールドの中の歌詞 ♪……彼が冷蔵庫バタンと閉じる…… が当初は ♪……彼が冷蔵庫バタンと開ける…… だったのが、ディレクターの 「冷蔵庫はバタンとは開けません。」 の一言で改められました

間違い、”あえて”、省略、詩的表現は芭蕉の 「佐渡に横たう天の川」 佐渡に天の川は横たっていません 佐渡に突き刺さるように縦にたっているのが現実 もっとすごい言い様をする人もいるのが 蝉の声は岩にしみない!とか……

ThanksImg質問者からのお礼コメント

ありがとうございました。

お礼日時:2019/4/27 8:28

その他の回答(1件)

0

落語にじゅげむじゅげむというのがあって、その中に「五劫の擦りきれ」=天女の羽衣が擦り切れるほど長い時間を一劫×5、何億年、限りなく永久に近い時間の長さ をたとえたもの。星の寿命も到底計算できないほどの気が遠くなる長さ。それなのにいつか終わる日が来ると、予見してみせたあなたは、私よりずっと大人で、私を導いてくれる、かけがえのない人、 という意味で百恵ちゃんが恋人の事を歌って現実に嫁ごうとしてるんだと思いました。