ここから本文です

diego式血液型についての質問です。 diego式には Di(a+b-),Di(a+b+),Di(a-b+)...

bot********さん

2019/5/108:00:04

diego式血液型についての質問です。

diego式には
Di(a+b-),Di(a+b+),Di(a-b+)の3つの表現型が存在することを知りました。
そこでdiegoの輸血のことなのですが、
Di(a+b+)の人の輸血はど

の血液を輸血するべきなのでしょうか?

日本人では9%の確率で存在するそうで、Di(a-b+)の人の血液を輸血するのでしょうか?
しかし、このDi(a-b+)の血液というのは抗dia抗体を持っていて抗dib抗体は持ってない患者さんの血液だと思うのですが、それを輸血してしまっていいのでしょうか…?
少し混乱してしまっておかしなことを言ってるかもしれないのですが…ご存知の方いらっしゃいましたら教えて頂きたいです。

閲覧数:
22
回答数:
1
お礼:
250枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

ken********さん

2019/5/519:35:54

まず、ABO血液型以外はそこまで重要ではありません。
ついで、RhDに関しては免疫原性が強く、抗体を作りやすいので、
ABOとRhDについて患者と合致した血液型を輸血します。

>Di(a+b+)の人の輸血はどの血液を輸血するべきなのでしょうか?

Di(a+b+)の人はDiegoに対する同種抗体(不規則抗体)は作りません。
なぜならDia抗原もDib抗原も本人にとって異物ではないからです。
なので、上記の通りABOとRhDのみ合わせて輸血します。
なのでDi(a-b+)を輸血しても問題ではありません。

そして、少し勘違いしてそうなのが
>Di(a-b+)の血液というのは抗dia抗体を持っていて抗dib抗体は持ってない患者さんの血液だと思う

Di(a-)の人でもDia抗原による免疫感作を受けてないと抗Diaが作られることはありません。これが、ABO血液型と違い抗体の存在に規則性がない=「不規則抗体」といわれる所以です。
なので、Di(a-b+)でも抗Diaを持ってないことの方が多いです。なのでABOとRhDだけ合わせます。Di(a+b+)が輸血されてもかまわないということです。その輸血によって抗体ができることもあればできないこともあります。
もし、Di(a-b+)で抗Diaをもつようなら輸血はABO、RhD、Diegoを合わせて輸血することになります。

そして、
>このDi(a-b+)の血液というのは抗dia抗体を持っていて抗dib抗体は持ってない患者さんの血液だと思うのですが、それを輸血してしまっていいのでしょうか…?
これは抗体が患者の体に入るんじゃないか?ということでしょうが、
輸血で全血をゆけつすることはほぼありません。
赤血球輸血、血漿輸血、血小板輸血など各成分が分けられており、患者に必要な成分のみ補充します。ここで、赤血球輸血の製剤には抗体はほぼ含みません。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる