ここから本文です

フランスノートルダム大聖堂が火災で焼けました。しかし必ずやよみがえるでしょう...

crs********さん

2019/4/2507:33:41

フランスノートルダム大聖堂が火災で焼けました。しかし必ずやよみがえるでしょう。日本の小教団(元仏教寺院大石寺)明治45年新興宗教日蓮正宗と改名、よく燃えた歴史があります。

日興上人開山の富士大石寺は戦国時代永禄十二年、戦火?により壊滅的な被害を受けさらに 寛永八年には以前に勝る大火災に見舞われ、再建不能となり十六代法主日就は江戸に行き大石寺は幕府寺社奉行により廃寺となった。
正保2年(1645年)に江戸の法詔寺を阿波に移して敬台寺を創立した。日蓮宗富士派(現在日蓮正宗)の信徒であったことで知られている。 蜂須賀に嫁いでからは日精に深く帰依し、大石寺御影堂の建立寄進、江戸鳥越・法詔寺建立、大石寺朱印状下附の実現、総本山二天門の建立、日精の公儀年賀における乗輿の免許、大石寺基金七百両の寄進、「細草檀林」設立に当たっての支援などに貢献した。【ウィキペディア】
さらに日精時代 寛永12(1635)年10月12日、大石寺は猛火に包まれ、全焼した。この事実は、日蓮正宗の歴史を綴った『日蓮正宗富士年表』(平成2年版・大石寺富士学林発行)には記載されていない。(寛永十二(一六三五)年 大石寺本堂、山門、坊舎残らず焼失(古文書))とあります。
文化四年(一八〇七)年五月十二日
大石寺塔中理境焼失(棟札)
安政五(一八五八)年五月二十五日
大石寺遠信坊・寿命坊・寳林坊・学寮四箇焼失(霑伝)
(編集部注・安政七年=万述元年の誤りか。回数に含めない)
万延元(一八六〇)年二月二十五日
大石寺石之坊より出火、富士見庵・寿命坊・遠信坊・学寮焼失(本書裏書)
元治二(一八六五)年二月二十八日
大石寺宮殿・六壼・大坊焼失(霑伝)
慶応元(一八六五)年十二月二十三日
大石寺蓮葉庵焼失(霑伝)
明治四十二年(一九〇九)年六月八日
大石寺塔中百貫坊焼失(白蓮華四―六)
大正十三(一九二四)年十月三十一日
大石寺塔中本境坊焼失(院二二五)
昭和五(一九三〇)年六月四日
大石寺塔本境坊焼失(院二七五)
昭和八(一九三三)年十月二十三日
大石寺蓮葉庵焼失(宗報A三七)
昭和二十(一九四五)年六月十七日
大石寺大坊(対面所・大奥・書院・六壺)・客殿等五百余坪焼失(寺誌)
ざっとこのように燃えております。江戸時代の寛永十二(一六三五)年から同十五(一六三八)年にかけて檀(だん)家(か)制度が成立、寺(じ)檀(だん)制度によって民衆を支配するようになってから火災が増えてきた。檀徒の使命、御供養の精神が生まれたのですね。それからするとノートルダム大聖堂はもっと清らかな精神で生まれ変わるでしょう。そう思いませんか。

補足信仰ってすごいですね、これだけ燃えてしまっても、再建できるんですね。ノートルダム大聖堂もさらにすごい建物として復活すんでしょうね。お金が余っても金貸しになっては欲しくないですね。

閲覧数:
60
回答数:
1
お礼:
50枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

ama********さん

2019/4/2800:18:10

大石寺、まあ、良く燃えますね、既に創建当時の形跡は跡形も無いのでしょう。今後は火の用心にご注意下さい。
戒壇様在します常寂光土が燃えてばかりでは困ります。はたまた、何かの現証なのですか?本山がこれでは立正安国とは言えませんね。
ノートルダム聖堂は数日で大変な金額が修復の為に集まったとの事です。世界遺産ですしね。

  • 質問者

    crs********さん

    2019/4/2907:27:05

    回答ありがとうございます!大聖堂は前より数段素晴らしい建物になるでしょう。日蓮正宗には隠しておきたい火災もあるようです。

    阿部日顕大石寺元住職も信者には知られたくないと、いったこともあるそうです。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

質問した人からのコメント

2019/5/1 00:44:37

回答ありがとうございます!

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる