ここから本文です

NHK受信料について

アバター

ID非公開さん

2019/4/2613:33:59

NHK受信料について

2年ほど前に引越した際にNHKの方が自宅に来られたので契約し毎月受信料を支払っています。

疑問なのですがNHK受信料って必ず払わなきゃいけないものなのでしょうか?テレビを持っている人の義務と説明されたのですが、それならなぜ支払っている人と支払っていない人がいて、支払っていない人は特に刑に処されないのでしょうか?
どちらでもいいのなら支払いたくないのですが調べても納得いく説明がなかったので良かったら教えていただきたいです。

閲覧数:
639
回答数:
7

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

nrx********さん

2019/4/2711:41:35

開始から15秒ほどで質疑が始まります。開始45秒ほどから「(テレビを設置した時点で)もし(支払いの)義務化ができれば本当に素晴らしい」と籾井元NHK会長が発言されています。

https://www.youtube.com/watch?v=VkyFC22gevQ

NHKは基本的に有料放送ではないのでテレビを設置した時点では支払いをしなければならないことはありません。NHKが把握している日本にある世帯で、未契約世帯であるところに委託スタッフが来訪して契約を促しています。ただし家人の方で委託スタッフに対して「NHKの受信できる受信設備」を申告しなければならない義務はないので、確認できない限り契約を締結させることはできないのです。

これが契約してい支払っている世帯と契約していないので支払いの義務がない世帯があることの理由ではないでしょうか。現在では「NHKの受信できる受信設備を設置したものは契約の義務はあるけれど、申告義務がない」のです。放送法では未契約だからといって罰則はありません。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

「nhk 受信料」の検索結果

検索結果をもっと見る

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/6件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

不適切な内容が含まれている可能性があるため、非表示になっています。

投稿内容に関する注意

tak********さん

2019/5/208:48:04

受信料を支払わなくても、処罰する法が有りません。
NHKの受信料を払わない人の言い分はいろいろあると思います。
年収300万円以下で生活している人も居ます。
受信料を払うのは、きついと思います。

私は、NHKを見ないのに受信料を払うのは、納得できません。

① 払いたくなければ、払わないでもいいんです。
支払い方法を、コンビニ払い(継続振り込み)に変更して下さい。
振込用紙が送られて来ますが、ゴミ箱に入れて下さい。

受信料特別対策センターから書留が送られて来たら、「NHKから国民を守る党」に連絡しましよう。
裁判を、タダで引き受けてくれます。
http://nhkkara.jp/seal.html

② テレビを見ないなら、友人にテレビをあげてしまいましょう。
その友人の名前を、NHKに言うのは、個人情報保護法違反に成りますので、言えません。
ネットで、(オークション、ジモティー等)壊れた薄型テレビを買って、リサイクルに出しましょう。
リサイクル券が有れば、NHKとの契約を解約出来ます。
解約して下さい。そうすればすっきりします。

その後、NHKの集金人が来ても、ドアを開けずに、追い返しましょう。
「防犯の為に録画しています。契約しません。裁判して下さい。お帰り下さい」と繰り返して言って、帰って貰いましょう。
帰らないと、不退去罪です。

若い人は、テレビを持って居ません。テレビが無くても、困って居ません。
テレビで得る位の情報は、ネットで全部判ります。

hou********さん

2019/4/2801:36:52

契約したら支払い義務は発生する

裁判で訴えられたら100%負ける

それが嫌なら支払うかテレビを所持しないか

国民に選択権が与えられている

dea********さん

2019/4/2710:19:46

放送法の4条、64条、70条、174条です
ご自分で考えましょう

第4条(国内放送等の放送番組の編集等)
放送事業者は、国内放送及び内外放送(以下「国内放送等」という)の放送番組の編集に当たつては、次の各号の定めるところによらなければならない
1.公安及び善良な風俗を害しないこと
2.政治的に公平であること
3.報道は事実をまげないですること
4.意見が対立している問題については、できるだけ多くの角度から論点を明らかにすること

第64条(受信契約及び受信料)
協会の放送を受信することのできる受信設備を設置した者は、協会とその放送の受信についての契約をしなければならない
ただし、放送の受信を目的としない受信設備又はラジオ放送若しくは多重放送に限り受信することのできる受信設備のみを設置した者については、この限りでない
協会は、あらかじめ、総務大臣の認可を受けた基準によるのでなければ、前項本文の規定により契約を締結した者から徴収する受信料を免除してはならない
協会は、第1項の契約の条項については、あらかじめ、総務大臣の認可を受けなければならない
これを変更しようとするときも、同様とする
協会の放送を受信し、その内容に変更を加えないで同時にその再放送をする放送は、これを協会の放送とみなして前三項の規定を適用する

第70条(収支予算、事業計画及び資金計画)
4. 第64条第1項本文の規定により契約を締結した者から徴収する受信料の月額は、国会が、第1項の収支予算を承認することによつて、定める

第174条(業務の停止)
総務大臣は、放送事業者(特定地上基幹放送事業者を除く)がこの法律又はこの法律に基づく命令若しくは処分に違反したときは、三月以内の期間を定めて、放送の業務の停止を命ずることができる

プロフィール画像

カテゴリマスター

hig********さん

2019/4/2618:28:42

>疑問なのですがNHK受信料って必ず払わなきゃいけないものなのでしょうか?テレビを持っている人の義務と説明されたのですが

支払いは義務化されてませんよ。

http://sayuflatmound.com/?p=8685

このようにNHKの前会長が「義務化できればすばらしい」と言っていることからも、義務化されてないのは明白です。ただ契約すると支払いの必要は出てきますよね。契約しないと支払う必要がないので、外部委託を使ってわざわざ訪問させ、しつこく契約を迫るのです。

訪問してくる外部委託は、「テレビがあれば契約は義務」と言ってきます。これが料金を発生させます。払いたくないのであれば、契約しないのが一番です。そもそも支払いが義務なら、契約などという手続きをする必要はないはずです。契約という手続きがあること自体が、強制ではないことの証拠です。

また2017年12月の最高裁では、「契約の成立には、双方の意思の合意が必要」と確認されています。今までのような、外部委託による住人を無視した強引な契約はできなくなったのです。知らない人は、法律などを出されると怖くなってしまい、契約をさせられてしまうこともあります。

契約してしまうと、受信設備があることを認めたことになりますので、滞納すれば当然請求されます。ところが受信契約というものは、契約しなくても、契約して滞納しても、刑事罰がありません。すべて民事で争われるものです。電気やガスなども、払わない人が逮捕されたということは聞きませんよね? 電気やガスは払わなければ、サービスの供給を止められてしまいますが、NHKは電波を止めずに延々と請求してくるところが違います。

>それならなぜ支払っている人と支払っていない人がいて、支払っていない人は特に刑に処されないのでしょうか?

上にも書いたように、刑事罰の対象外なので、逮捕や拘束、有罪、懲役、罰金などというものはありません。借金を返さなかったり、不倫をしたりするのと同じです。どれも逮捕されることはありません。これらは違法行為や不法行為と呼ばれますが、刑事罰はないのです。一方窃盗や詐欺などは犯罪と呼ばれ、刑事罰の対象になります。

https://www.youtube.com/watch?v=NszUG6Vnj-A

政治家や公務員でも払ってない人はいます。このような曖昧な制度では、国民全員に払わせることはできません。こういう制度をいつまでも放置している国会議員が一番悪いですよね。完全義務化にして、テレビを買えば、受信契約を免れないようにするか、スクランブル化して、払ってない人は見られないようにすべきですよね。

ihc********さん

2019/4/2614:30:19

NHK見てるなら払わなきゃだめですよ。
受信料だけで番組作ってるんですから。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

別のキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる