ここから本文です

ミッドウェー海戦で、日本の方が戦力が勝っていたのに米に負けた原因を教えて下さ...

iki********さん

2019/4/2720:32:45

ミッドウェー海戦で、日本の方が戦力が勝っていたのに米に負けた原因を教えて下さい。

閲覧数:
87
回答数:
8
お礼:
50枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

ttt********さん

2019/5/300:57:01

・暗号が解読されていたこと、

・ミッドウェー島の飛行場を使用不能にまで追い込めなかったこと、

・戦力を集中できなかったこと

上記の3つが主な敗因です。


太平洋戦争、ミッドウェー海戦の戦略についてhttps://www.mantiscentipede.work/article/war/japan.html

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/7件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

keb********さん

2019/4/3014:41:10

暗号が解読されてたからでしょう。
日本も子供らに英語を習わせて、そういう教育をさせてればよかったのに
戦争指導者ってアホばっかりだったんですよ。

aqx********さん

2019/4/3012:58:50

暗号が解読されていた(待ち伏せ)。
利根4号機の索敵機の発進が大幅に遅れた(4号機の先に空母が居た)。
ミッドウェー島攻撃隊指揮官の友永大尉が「爆撃効果不十分、第二次攻撃の要有りと認む」と打電し、彼を信頼する源田以下の参謀が南雲にこれを進言し採用されてしまい、第2二次攻撃隊の艦船攻撃用の雷装から再び爆装に換装した事で空母がてんやわんやになってしまった。
その後発艦の遅れた利根4号機から「空母らしき敵発見」「空母発見」の打電があるものの既に魚雷等は下ろされた後であり、尚且つ南雲が第一次攻撃隊を収容する事を優先したため各空母には爆装した飛行機が満載となり、その直後にアメリカ航空機の攻撃を受けたため南雲部隊は消滅をしてしまったというのが顛末。
何より痛かったのは、世界最高峰の技量を持ったパイロットがこの海戦で多く失われた事だろうね。

sho********さん

2019/4/3012:23:33

油断大敵…に尽きるようには思うのだが。o○
そもそも論言ってしまうと、航空機をそう知ってるとは
言い難い南雲さんには難しい作戦でもあったかもしれんがΣ(゚Д゚ υ)

情報軽視とは言うが、もっと偵察機を飛ばすべきだったと
そういう意見もある。それはそうなのだけど、偵察機の乗組員も
結構アメリカはビビって出てこない感覚を持ってたようだ。
だから雲の上を飛んでたという話(ネタ?)もある。
ビビってんのどっちだ( ゚д゚)!(ぃゃ、ネタならそう突っ込むとこではないが)。

有名なのは雷装から爆装…更に爆装と転換しちまって発進遅れたという指摘。
それはまぁそうなんだが(実際爆装のまま発進してどの程度相手に被害を
与えられたか疑問はあるにはある。ただ、飛ばないブタはただのブタ
…あ、こりゃ「紅の豚」のセリフか。でも、そういう側面はあった)。

急降下爆撃機に注意しろ!と、いう教訓めいたものはあったそうだ。
が、軽視したっぽい。雷撃機はほぼ打ちのめせたのにだ。

ミッドウェーに行く事自体、暗号がバレてた(;゚Д゚)!
(日本軍はAFを目指す。AF?しっかしこれ単純な陽動に引っかかる。
ミッドウェー島は水不足という嘘情報を、AFは水不足と暗号で
打ってしまった。迂闊であるとは思えるが、まぁ凝り固まった組織では
気づいたとしても個人が半端な対応したら処分されかねん)
そろそろバレるかもとかいうのも感じてた方々もいた。

南雲さんをバカバカいうのも問題だ。
先にも述べたように、彼はそもそも水雷の権威と呼ばれた男だ。
極端に言っちまえばわからんのだよ、航空機の事なんて。
人事制度の問題はある。平和時は別に、テストだの他管理能力で
上に上るってのもいいさ。しかし、平時では無い戦争。
適材適所を強く求められるんだ、兵の命もかかってんだ!
が、そんな発想は無かった(・д・)チッ。

これはミッドウェー海戦だけの話ではないが、
アメリカはチョイとこちらが本気出せば逃げ出すと思ってた。
ガッツ!アメリカンスピリッツを理解してないというか
理解しようとも…いや、むしろ否定してた感がある。
「臭いものにはフタ」感覚である。

戦力的にはミッドウェー海戦で負ける要素を感じない。
まぁ慢心で負けたというなら、仮にあの海戦で勝ったとしても
やはりどこかで手痛いしっぺ返しを受けただろう。

問題は、その後にある。
立て直しどころか、敗戦の情報を隠すだけの為に
生き残りを事実上拘束したり、辺ぴな場所へ左遷したり…
しかし南雲長官だのに対し責任の追求はしないという何だその対応は!
下っ端は死に損である。
教訓活かすどころか、これでは再度同じようなミスが起こるという
そんな体質があったと言えよう(さて、現代の日本では
そのような事は無い…と、言い切れるか?言い切れませんネ。
つか、責任者が責任取らずな体質はザラだ(;゚Д゚)!)。
と、こんな事書き出すとあれか?
原因というか要因?日本の精神構造とかそんなものまで
いってしまいかねんがどうであろうか?

しょっぽクン

bog********さん

2019/4/3011:07:56

一番の敗因は情報の軽視です。日本軍の暗号は解読され米軍はミッドウェーで空母を待機連合艦隊を待ち伏せしたのです。空母どうしの戦いは先に相手を発見し先制攻撃するのが鉄則ですが。日本の索敵機は敵空母を見逃し、発見が遅れたのが致命傷ですね。

第二に他の方が挙げているように作戦目的の曖昧さがありました。つまり敵空母の壊滅なのかミッドウェー島攻略なのか、作戦の資料には両方併記されてました。

第三に首脳部の慢心がありました。開戦以来連戦連勝で米軍を侮ってたと思います。

これだけの戦力で負けるはずがない戦いに敗れたのです。南雲はバカだと言う意見もありますが結果論で南雲のせいにするのは、どうなのかな?
兵装転換のミスはインド洋でもありました、もう少し対策を考えればよかったかも。

pcs********さん

2019/4/3010:01:22

本当は空母を叩くというのか目的なのにあのバカ(南雲)は魚雷から陸用爆弾に変更しました。魚雷のまま敵発見の報告を待っていたらいいのに…
そして、陸用爆弾にした途端敵発見し、魚雷に変換してました。
そこに、日本の失敗があります。
アメリカは一機一機準備が出来た機体から発艦させていましたが
日本は違いましたそして、急降下爆撃で魚雷が誘発して炎上

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる