ここから本文です

気学に詳しい方にお伺いします。 当方、本命五黄土星、月命八白土星 50歳です。 ...

may********さん

2019/4/2814:19:01

気学に詳しい方にお伺いします。
当方、本命五黄土星、月命八白土星
50歳です。
来年、節分以降に北西へ旅行計画が有りますが
年盤が北西八白土星で
本命では大吉方位
月命では月命殺に当

たります。
大人の月命は気にしなくて良いのでしょうか?

閲覧数:
28
回答数:
2

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

ama********さん

2019/5/205:08:36

応用九星気学・現代風水研究所のサイトには、こう書いてあります。

「月命星」の影響は12歳までに水面下に消えていき、20歳くらいでほぼ完全に無くなります。
そのため本命星だけでなく、月命星に合わせて吉方位を探す必要があるのは12歳以下のお子さんの場合であって、厳密に行なった場合でもせいぜい20歳くらいまでです。(完璧にやらないとどうしても気になってしまうという人でも30歳を過ぎたら一切忘れてください。)

http://www.take-hope.com/kyusei/contents/022.html


各方位には十干十二支や八門なども廻座していて、それらが自分にとって良い要素であるかどうかも重要で、本格的に吉方位を選定するためには、四柱推命の命式、大運、歳運も考慮する必要があります。住居やその周辺の風水環境も重要です。

「スーパーテレビ情報最前線」というドキュメンタリー番組で、2002年の年末に放送されましたが、吉方位にある宝くじ売り場で宝くじを購入し、高額当選をした兄弟が紹介されていました。1997年の年末に1億5千万円、1998年の夏に1億5千万円、2000年の夏に3億円の当選をしたそうです。その家に平安時代から代々伝わる『十二天水地暦』という古文書に従って吉方位を割り出したそうです。普段から、お水取りやお砂取りをしているようでした。YouTubeで動画を見られます。

美輪明宏さんは、方位の影響を信じていなかった頃に、最悪・最凶と言われる方位へ2度行ったことがあり、他動的に悪いことが起き始めたので、方位の影響を受け入れるようになったそうです。福岡ソフトバンクホークスの工藤公康監督の奥さんが引っ越しの方位を気にして、家族で15回以上も引っ越したことがあるそうです。


こちらの書籍などを参照してください。図書館にあるかもしれません。

『玄空飛星派風水大全』(山道帰一 著)
『フライング・スター風水術』(福田英嗣 著)
『フライング・スター風水鑑定術』(福田英嗣 著)
『十干十二支気学 四柱推命方位学』(笹木龍一 著)
『目的達成法としての 奇門遁甲学入門』(武田考玄 著)

  • 質問者

    may********さん

    2019/5/208:59:18

    とても勉強になります。
    書籍探してみます
    ありがとうございます(^ ^)

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

質問した人からのコメント

2019/5/2 09:00:02

とても勉強になります
ありがとうございます

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

za1********さん

2019/4/3009:07:29

流派相違での解釈差も多々での事実

中には、18歳以上であり~なをかつ、ニート等ではない
場合には、月命星の分は考慮しない としている所も
あるのでね。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる