ここから本文です

ヴィッセル神戸は、スーパースターを3人+バルサ育ちを擁していながら何故 低レベ...

アバター

ID非公開さん

2019/4/3014:03:19

ヴィッセル神戸は、スーパースターを3人+バルサ育ちを擁していながら何故 低レベルのJリーグで苦戦しているのでしょうか。

正直Jのディフェンスレベルなら、イニエスタやビジャ1人で簡単に突破できそうなものですが…

閲覧数:
285
回答数:
10
お礼:
50枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

sdy********さん

2019/4/3014:15:17

神戸が目指すのはバルサ化、バルサと言えばパスサッカー。全盛期過ぎたとは言えどもイニエスタを司令塔とするサッカーでは神戸の日本人選手がついていけてないと思います。確かに神戸の外国籍選手は技術があります。ただ30過ぎて衰えてきている選手に1人で突破というのは無理がありますね。1人で簡単に突破できるのなら言われなくてもやってますよ。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

「ヴィッセル神戸」の検索結果

検索結果をもっと見る

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/9件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

sca********さん

2019/5/508:26:36

ポゼッション・サッカーは時代遅れ。

パス回しサッカーは、はっきり言って弱いです。


サッカーにおける得点を詳細に調べていくと、その割合は多い順に『速攻(カウンター)→セットプレー→遅攻(ポゼッション)』になっており、カウンターアタックでの得点の割合が、全体の約80%にもなります。


また、サッカーは『ミスのスポーツ』です。

サッカーで得点が生まれるときは、多く場合ミスが絡んでおり、両方のチームが完璧にプレーをしたらほとんどの試合でスコアは0-0になると言われているのは有名です。

試合に勝つ可能性が高いのは、ミスの回数が少なかったチームです。


さらに、サッカーは1試合で何百回(平均的な試合で約400回)も攻守が入れ替わるのに、1試合辺りの両チーム合せての平均得点数が2点台で推移しているロースコアで勝敗が決まるスポーツであることから、守備側が失点に繋がるようなミスをすることは滅多にないということが分かります。

逆に攻撃ですが、いくらポゼッションサッカーを志向し、ボールテクニックに優れた選手をそろえたところで、チームのパス成功率を100%にするのはほとんど不可能です。

つまり、パスを多く繋げば繋ぐほどミスが増えていき、パスコースを多く作るために敵陣に多くの選手を送り込むポゼッションサッカーでは、ボールを失った時に守備が手薄になりがちで相手のカウンターアタックを防ぐことが難しく、しかも、自陣のディフェンスラインの裏には広大なスペースが生まれているので、ことさら失点の危険性が高まります。

ここまで言えばお分かりでしょうが、ボールを持って攻撃する側には、常にボールを失い相手のカウンターアタックを受けて失点するリスクと不安が付きまとうのです。

しかし、カウンターサッカーは、できるだけ手数をかけずに、相手の手薄になった守備の隙を突く戦略なので、攻撃にそれほど人数と手数をかける必要はありません。

ポゼッションサッカーとの比較で、このリスクと不安を圧倒的に軽減できるのです。


さらに言えば、ポゼッションサッカーは攻撃時に多くのパス交換を行うので、攻撃に時間がかかり、相手に守備を整える時間を与えてしまい、敵陣にスペースが生まれにくく、得点をするためには、相手が一度守備ブロックを整えた後にそれを崩さなければなりません。

ポゼッションから得点が生まれる可能性は、セットプレーから得点が生まれる可能性より低いので、いくら強力なアタッカーをそろえたとしても、一度相手が整えてしまった守備ブロックを打開するのは困難だということが分かります。

サッカーでは退いた相手を崩して得点するのが一番難しいのです。

これが、攻撃に人数と手数をかけて本来攻撃的な振る舞いをしているはずなのに、遅攻(ポゼッション)からの得点の割合が少なくなってしまう理由です。

それに対し、相手が守備の体勢を整える前にそこを突くことを目的とするカウンターサッカーでは、アタッカーがより広いスペースを得ることができ、フリーでボールを受けたり1対1等の有利な状況が発生しやすく、アタッカーの攻撃能力を存分に発揮させやすくなるメリットもあります。


ここまで説明すれば、正常な判断ができる人間なら誰でも理解できるでしょうが、得点するためには、攻撃に手数や人数をかけて、相手が一度体勢を整えてしまった守備ブロックを上回ろうとするよりも、敵陣の守備が手薄になるように相手を自陣に誘い込み、相手のミスの回数が増えるようにプレーをし、それに乗じてカウンターアタックを仕掛けた方がよいのは自明の理です。

受け身のカウンターサッカーは強い。

ボールポゼッションに固執するよりは、かえってボールポゼッションは放棄してしまった方がよいのです。


もし、カウンターアタックをしないチームがあるとすれば、そのチームは、自分たちはバカだと言っているようなものです。

三木谷はサッカーは11人でするものと理解してないからな!!

blu********さん

2019/5/412:06:55

体調不良で出られてないやん。それに走れないし。Jは走れないと厳しいよ。スーパースターって言っても年寄りだし、バルサ育ちも全然試合に出てなかった若造でしょ。ポジション的にも偏り過ぎ。強くなるためには20代半ばの選手をセンターで5人揃えるくらいじゃないとね。金使うなら強くなるためにちゃんと使ってくれよって話。

ore********さん

2019/4/3022:33:28

そんな力が残されていたら欧州のトップクラブでやってると思いますよ。現役最後に出稼ぎかな。たしかイニエスタの年俸はバルサ時代の3倍くらいだったはず。最後にドカッと稼いで引退するつもりじゃないでしょうか。

oty********さん

編集あり2019/4/3019:37:56

いや流石に1人で打開は無理です。現役バルサのメッシですら集中的にディフェンスされれば1人で突破は難しいでしょ。
単純にJのレベルが全体的に上がってきているのと、神戸が選手や監督の入れ替わりが多すぎて、まだまだチームとして纏まっていないのが原因と思います。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

別のキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる