ここから本文です

静岡県 南海トラフ巨大地震について

アバター

ID非公開さん

2019/5/201:57:20

静岡県 南海トラフ巨大地震について

静岡県浜松市の、海岸から約2キロの場所に住んでいるものです。静岡県はもうすぐ南海トラフ巨大地震が来ると言われています。津波の被害がどれくらいになるかと先日調べてみたところ、あるサイトで、浜松市の津波は最大15メートルだとの記述がありました。

しかし、浜松市の防災マップの津波浸水深は私の住む地域で最大3メートルでした。「最大15メートルの津波がおしよせる」というのは、浸水深の事ではなく、「ただ単に海岸に1番近いところで、津波発生から1番高くなったところの地面(それか普段の水面)からの高さ」ということなのでしょうか?

つまり、南海トラフ巨大地震では実際に住宅街に押し寄せてくる津波は15メートルなのか?という疑問です。近くの非難ビルはせいぜい14メートル程なので、もしも実際に建物に到達する津波が15メートル以上ならば、絶対に助からないのです。

また、東日本大震災では最高30メートル程の津波が来たと言われているそうですが、それは実際に建物に到達した時の津波の高さなのでしょうか?

閲覧数:
202
回答数:
6
お礼:
50枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

プロフィール画像

カテゴリマスター

pse********さん

2019/5/210:30:54

津波の想定にはいろいろな数字が出てきますので、混乱することもありますね。

気象庁の解説にある図が分かりやすいでしょうか。下の方の図です。
https://www.jma.go.jp/jma/kishou/know/faq/faq26.html

まず、自治体が出している津波防災マップは、震源断層の位置や地震のおおきさ、海底や海岸の地形を考えて計算したものです。

「高さ」として紹介されているのは海岸線での高さです。波高と呼ぶときもあります。平常時の海面から比べてどれたけ高くなるか、を計算したものです。

これに対して「浸水高」は内陸に入ってきた水がどの高さになるか、を示したものです。津波避難ビルなどは、この浸水高を参考にして、選ばれています。水に浸からない、安全な高さを持っているものを選びます。

ですから「実際に住宅街に押し寄せてくる津波は15メートル」は間違っています。

東北の地震では海岸から30メートル以上というのは、「痕跡高」や「遡上高」であることが多いです。痕跡高はこの高さまで水に浸かったことが後から分かった、という高さです。遡上高はこの標高まで津波が来たという高さです。

アバター

質問した人からのコメント

2019/5/3 01:13:51

たくさんの回答ありがとうございます。どの回答者様からの回答も「実際に住宅街に押し寄せてくる津波が15メートルという事ではない」ということでした。その中でも馬鹿な私でもわかりやすい回答をして下さった方にBAを<(_ _)>皆様ありがとうございました。

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/5件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

kit********さん

2019/5/215:27:24

津波の基本想定や予測は海上での高さ
其を基準に各地の地形に合わせハザードマップを想定します
例えば同じ量の水を平らな皿に注げば横に広がり縁より水嵩が上がらない、コップに入れれば横に広がらないが水嵩が増す

東日本は海上で約10mの津波
平野部沿岸の水際で6m位
此がリアス式の津波の行き先を止めてしまうダムの様な地形では40M近くまで増幅しました

プロフィール画像

カテゴリマスター

2019/5/209:11:56

津波の想定高は、作成された地図の範囲によって変わってきます。

浜松市の防災マップで地区ごとの津波高を見たら3mと言うのは、その地域での最大高です。
あるサイトで確認したら浜松市は最大15mとしてあるのは、浜松市全域での最大高として書いてあったものと思います。
また全国レベルの地図になると都府県、支庁、島単位での最大高が記されていることもあります。

平均ではなく最大高を採用するのは安全確保のためで、その地域全体で同じ高さになるわけではない事に注意してください。

なお津波の記録は沿岸での検潮結果として残ります。
内域部での高さが公表されているのは、津波で残っている痕跡を調べ、その地点の標高に痕跡の高さを加えてあります。

プロフィール画像

カテゴリマスター

nvw********さん

2019/5/208:04:36

【・・「最大15メートルの津波がおしよせる」というのは、浸水深の事ではなく、「ただ単に海岸に1番近いところで、津波発生から1番高くなったところの地面(それか普段の水面)からの高さ」ということなのでしょうか?・・】(ID非公開さん)


・気象庁は
『・・気象庁が津波情報で発表している「予想される津波の高さ」は、海岸線での値です。・・』
と。

「海岸に1番近いところ」ではなく「海岸線(正確には深さ1mのところ)」です。


・「津波の高さ」、陸地側の「浸水深」「痕跡高」「遡上高」の関係(図)が、

気象庁[ホーム > 知識・解説 > よくある質問集 > 津波について]<http://www.jma.go.jp/jma/kishou/know/faq/faq26.html>

に、図がありますので、一度目を通しては如何でしょうか。

eto********さん

2019/5/202:14:39

津波は、地震などによる、一時的な海面上昇/低下です。
低下だけなら問題ないのですが(漁業関係者を除く)
上昇のほうが大問題です。

津波 xx mというのは、その一時的な海面上昇の最大値です。
また海には波があるので、実際その高さ以上の海水が海岸線を飲み込むことになります。陸地にどこまで浸水するのかは、調査しないと分かりません。

izo********さん

2019/5/202:00:24

例えば最大10メートルなら、海抜から計算して、10メートルの高さのところまで波が来るという事です。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる