ここから本文です

第二次世界大戦のアメリカの徴兵について

アバター

ID非公開さん

2019/5/503:50:30

第二次世界大戦のアメリカの徴兵について

第二次世界大戦時、それも対ナチス・ドイツの西部戦線のアメリカ兵は徴兵制ですか?
プライベート・ライアンの登場人物であるミラー大尉やライベン、ジャクソン一等兵も徴兵された兵士なのですか?

閲覧数:
45
回答数:
3

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

nxo********さん

2019/5/606:56:09

ミラー大尉が軍に入隊したのは30代後半であるから当然、20代前半で職業軍人の将校として志願したわけでない
軍入隊前は高校で国語(英語)教師を10年以上の長年にわたりやっていたことになっています
ミラー大尉は大戦勃発後に将校に任官したことが予測できます

アメリカが日本の不意討ちにより大戦に正式に参戦した後、戦時徴兵の年齢範囲を30歳から45歳まで引き上げた

ミラーは大学を卒業していたため、士官になることは出来たので兵卒になるよりは士官の道を選んだのでしょう

*ある程度の学力と親の財力があれば誰でも入ることが出来、入学後もたいした勉学をせずに単位取得が可能であり、就職を先伸ばしにして遊び呆けるための単なる就職猶予機関に過ぎない日本の大学とは違い

アメリカの大学は多くの学生が親に頼らず奨学金や自らの学費ローンを組みアルバイトしながら勉学に励む本当のエリート養成の高等教育機関であるため
大卒だと短期の士官学校を経て将校に任官可能です

バンド・オブ・ブラザーズを見てもわかるように
戦時徴兵で士官に任官した将校が終戦後、軍に残留せず除隊し別の職業に転職を模索している

欧米では職業軍人として志願せずとも大卒で短期間、予備役将校の士官学校で学び、予備役将校に任官し別の職業に就職する制度もあります

ミラー大尉以外の下士官兵はどう見ても志願兵でなく、戦時徴兵により徴集された者と思われます

アバター

質問した人からのコメント

2019/5/10 18:24:37

皆さまありがとうございました

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

goi********さん

2019/5/515:59:48

1940年に徴兵制度が改変されて1000万の徴兵制度が整えられました
最終的には1600万の国民が動員されています
ちなみに日本が850万です

ミラー大尉は将校ですので志願ですが、それ以外は基本的に徴兵です

kum********さん

2019/5/506:59:25

第二次世界大戦時、それも対ナチス・ドイツの西部戦線のアメリカ兵は徴兵制ですか?

アメリカは当時、半徴兵半志願を採用していました。現在のアメリカ人は軍へ個人情報を登録して、国家の危機になったら徴兵されます。

プライベート・ライアンの登場人物であるミラー大尉やライベン、ジャクソン一等兵も徴兵された兵士なのですか?

恐らく違うでしょう。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる