ここから本文です

「なつぞら」に関する質問です。 5月4日の放送で「親分」と呼ばれていた人はムー...

kou********さん

2019/5/519:21:44

「なつぞら」に関する質問です。
5月4日の放送で「親分」と呼ばれていた人はムーランルージュと深い関わりがあるようなことを言っていたと思うのですが、あの人は実在の人物ですか?

閲覧数:
63
回答数:
4

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

ihi********さん

2019/5/600:16:33

参考となったと思われる人はいます。
実際戦前にムーラン・ルージュという劇場は新宿に存在しており、空襲で破壊された後鈴勝親分と呼ばれた興行師の援助によって再建が図られました。ただ商標が他者に取られていて暫くは別の劇場名で営業していたようです。

それとは別ですが、川村屋も新宿中村屋を参考にしている感じです。ただこの頃の中村屋はもう大きな会社で社長も男性だと思いますが。

ベストアンサー以外の回答

1〜3件/3件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

chc********さん

2019/5/715:06:11

川村屋→中村屋 新宿で老舗のカレーショップ&カフェです。
角筈屋書店→紀伊國屋書店 新宿のランドマーク的書店です。

例えば、大河とか朝ドラも実在の人物が主人公でも
取り巻く人々が架空の人の場合もあるし、
架空の話でも、実在の人物が出る場合もありますよね?
(るろうに剣心とか)
「なつぞら」は架空の話と言ってる方もいらっしゃいますが、
実在のモデルもいらっしゃるので、
多少なりとも実在の人物が出てきてもおかしくないんじゃないかと思います。
まあ、ドラマですから何でもアリですよ。

プロフィール画像

カテゴリマスター

ech********さん

2019/5/521:04:16

『なつぞら』のイメージモデル、奥山玲子さんは宮城県仙台市出身の方だそうです。北海道との関わりは無いようで、実兄や実妹も架空の人物のようです。

したがって、今の東京編の登場人物も、すべて架空の人物ということになります。

ただ、主人公とは関係の無い人物を、これもイメージモデルとして取り入れていることはあるようです。例えば、北海道での養父、柴田剛男は北海道の乳牛メーカー「よつば乳業」の創始者・太田寛一、菓子舗「雪月」の主人小畑雪之助は十勝の菓子メーカー「六花亭」の初代社長・小田豊四郎とのことです。

ですから、ムーランルージュの歴史を辿っていけば、やはりモデルになる人物は実在するかもしれません。その人物も、おそらく奥山玲子とは無関係の人物なのでしょうが。

ニュースソースのサイトです。ただ、私のパソコンに「保護されていないサイト」という表示が出ていましたので、お勧めはしません。

http://nobunaga-oda.com/natuzora-model/

kaz********さん

2019/5/520:30:23

その前になつぞらにはヒロインなつをはじめモデルになるような人物はいません。作者である大森寿美男さんのオリジナル作品、創作です。従って親分も創作上の人物なので実在しません。下記サイトのよくある質問をご覧下さい。
https://www.nhk.or.jp/natsuzora/about/

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる