ここから本文です

【MMT現代貨幣理論】米国アメリカニューヨーク州立大学のステファニー・ケルトン教...

ame********さん

2019/5/722:56:44

【MMT現代貨幣理論】米国アメリカニューヨーク州立大学のステファニー・ケルトン教授が提唱した自国通貨建てで政府が借金して財源を調達してもインフレにならない限り財政赤字は問題にならないというMMT現代貨幣理論

はアメリカでしか通用しない話で日本が間に受けると日本という国の価値は世界的に見て低いのでアメリカでは通用する経済理論なのかもしれないが間を受けて実行すると財政破綻すると思う。

でもすでに日本がMMT現代貨幣理論を実践中とも言える。

MMT現代貨幣理論が正しいならアメリカは消費税を廃止できる。

日本も借金が問題でないなら消費税をゼロ円にしても破綻しないはず。

いまアメリカの消費税は何パーセントですか?

これを非課税にする。多くの国が貿易で非課税にする流れになっている。

個人消費も非課税にして問題ない気もする。

どうMMTを思いますか?

閲覧数:
67
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

sdp********さん

2019/5/723:23:14

その理論はインフレになるまでは大丈夫というもので、インフレになってから財政再建しても遅いので、消費税は大事です。これがその答えでしょう。

  • sdp********さん

    2019/5/723:24:49

    因みに

    私の消費税への考えは
    食料は0%
    贅沢品は30%
    その他は15%

    ここに近づけていく。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

質問した人からのコメント

2019/5/9 00:02:46

ありがとう

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる