ここから本文です

1977年8月27日の夕方5時ごろ、大阪府東大阪市内の市道は幹線道路の抜け道であった...

nak********さん

2019/5/806:52:46

1977年8月27日の夕方5時ごろ、大阪府東大阪市内の市道は幹線道路の抜け道であったため帰宅ラッシュで混雑していた。この時、前が進んだにもかかわらず一台のライトバンが進もうとしなかった。

そのため自宅まで100mであった帰宅途中の会社員の男性(当時37歳)は、前のライトバンに警笛を鳴らした。この行為は日常どこにでも見られるものであった(ただし厳密には法律上警笛の目的外使用にあたる)。実際に目撃者のなかには、拳銃の発射に気付かず、帰宅後に証言のために警察へ出頭した者もいたほどだった[なぜ?]。

しかし、ライトバンを運転していた元暴力団員(当時32歳)は警笛を鳴らされたことに腹を立て、会社員のライトバンに詰め寄り、所持していた拳銃で会社員の首に発砲し、助手席にいた愛人(当時33歳)と逃亡した。会社員は病院に搬送されたが午後6時に死亡した。この事件は「クラクション殺人」として大きく報道され、社会問題化した。

警察は被疑者の愛人を割り出し、8月30日に同行を求めた。愛人は服毒自殺しようとしたが救命措置で助かり、元暴力団員の犯行を認めた。被疑者は傷害と覚せい剤取締法違反などで逮捕歴18回、前科5犯の常習犯であったが、殺人の前科はなかった。犯行に使用した拳銃は六連発で弾丸が残っており同様の事件を起こす恐れがあったが、9月2日に潜伏先の大阪市内のホテルで逮捕された。

被疑者は刑事裁判では犯行時に覚醒剤を服用しており、その幻覚作用の影響下にあり心神耗弱であったことを主張したが、犯行後に大阪府内を逃亡したことから責任能力に問題はないとされた。検察側から無期懲役が求刑され、一審の大阪地方裁判所は無期の判決を下した。二審の大阪高等裁判所は1979年7月28日に、心神耗弱は認められず犯行動機も身勝手であると非難したものの、当時の有期刑では最長の懲役20年に減刑した。その理由は、無期でも量刑不当ではないが反省しているというものであった。

なお、被害者遺族に対し労働省(現在の厚生労働省)は勤務先から帰宅途中の労働災害と認定し1977年12月に遺族年金支給を決定した。労働省の見解は「ピストルを持った無法者の横行は、キバをむいて街をうろつく野犬と同じ」というものであった。
※交通マナーを守り、礼や合図は、できる範囲でしないと、拳銃で頭を撃たれたいですか?

閲覧数:
44
回答数:
2

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

jun********さん

2019/5/1411:45:07

もう被疑者の刑期は、満了しています。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

不適切な内容が含まれている可能性があるため、非表示になっています。

投稿内容に関する注意

ken********さん

2019/5/807:49:46

この質問者は
彼方此方で回答者に喧嘩を売って居る。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる