ここから本文です

正史はよく知りませんが、三国志の魏延って長年蜀の為に功績をあげてきたのに、諸...

アバター

ID非公開さん

2019/5/820:49:52

正史はよく知りませんが、三国志の魏延って長年蜀の為に功績をあげてきたのに、諸葛亮に対する不満を言ってただけで よしあいつは殺しちゃ王ってなるのは可哀想じゃないですか?

諸葛亮ってちょっと心が狭いとこありますよね?

補足晩年はほとんど魏延が第一線で戦ってきたのに、司馬懿と一緒に魏延も谷に閉じ込めて爆死させようとか、正直、正気の沙汰とは思えませんでした。

賞罰にあれだけ厳しくしてた孔明が、たいして落ち度もない魏延を爆死させようとするとか人格疑います。

でも正史は知りません。

閲覧数:
159
回答数:
7

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

svl********さん

2019/5/1518:22:45

質問主さん、諸葛亮が魏延を殺そうとした話は架空の物語です。
フィクションについて楽しく語るのは構いませんが、まずフィクションであることの前提で話をされたほうがいいでしょう。

フィクションの話をあたかも現実であるかのように語るのは、生きている人間に対してやれば「名誉毀損」の罪が成立することです。
もしどうしても現実が嫌いで現実のことを話したくないのであれば、現実に生きた人物の名前を使った『三国志』の物語について話すのはやめてください。


nad********さん

>諸葛亮は戦さのいの字も知らないど素人です。

これはご自分の無知を披露する恥ずかしい回答です。
諸葛亮はそれまで内勤であっても軍師としての専門知識を積み長年作戦を立ててきたのですから、戦争を知らないことなど有り得ません。

>実際、北伐の指揮をとるのは立場的に魏延です。

誤りです。
本当に軍事知識皆無なのですね。
指揮系統で北伐時にトップだったのは諸葛亮です。

>魏延はその諸葛亮に多くの助言をして助けています。

諸葛亮と魏延はお互いにプロの軍人同士。
魏延に手取り足取り「助言」してもらう必要などなかったでしょう。
ただ、意見の違いで魏延が一人勝手に反発していた様子は記録に残っています。


>諸葛亮からすれば立場は上なのにこんな意見ばかりされるとクソと思って殺そうとするでしょうね。
>魏延は不運な武将と呼べるでしょう。

大事な戦闘時に、大事な将軍を殺そうとするわけがないでしょう。
諸葛亮は魏延の意見を尊重していましたし優遇していました。
魏延が、諸葛亮の死後に反乱を起こしたのでフィクションではあのような設定になっているようです。
諸葛亮自身は死ぬまで、魏延のことを大切に思っていたはずです。


フィクションの知識だけでいい加減な回答をするのはやめていただきたいですね。

このように歴史マニアで誤った軍事知識を偉そうに語る人を非常によく見かけます。
戦場でぱぱっと派手な奇策を弄して勝利することだけを「戦争」と思っている。

戦争のせの字も知らないド素人以下はあなた方です。それどころか一般常識もない。
一般常識もない人が知ったかぶりで回答するのはどうかと思いますね。
だから三国志オタクは、世の中で「キモイ」「バカばっかり」と嘲笑されているのですよ。
恥ずかしいだけなら構いませんが、この低次元な知識のまま現実の軍事についても意見するので世間から有害だと見られるのです。

もし日本が戦争となったら黙っているように頼みます。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/6件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

soi********さん

2019/5/1417:01:27

>正史は知りません。

とか言いながら演義を「史実」として語ってるよね。


>諸葛亮ってちょっと心が狭いとこありますよね?

なんで史実知らないのにそんなこと言えるんだよ。頭おかしいんじゃないの?


>たいして落ち度もない魏延を爆死させようとするとか人格疑います。

人格疑うべきなのはそのフィクション設定考えた人w

昔だから仕方ないけど、今の価値観だったらこういうフィクション描いたら炎上するでしょ。

こんなの史実と信じるのは頭弱い人だけ。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

nad********さん

2019/5/1112:58:09

魏延は立場的に黄権の後釜ですよね。
劉備に相当信頼されていたあの黄権の後釜です。
信頼はやはりされていたと思います。
実力もそれに見合っています。
実際、北伐の指揮をとるのは立場的に魏延です。
しかし諸葛亮が丞相としての立場で北伐の指揮を自ら取ることになりました。
諸葛亮は戦さのいの字も知らないど素人です。
魏延はその諸葛亮に多くの助言をして助けています。
ただお互いの仲は最初だけです。
北伐の武将や兵士達の中では勝手に派閥がこういうものは作られていきます。
魏延派と諸葛亮派です。
諸葛亮もいちいち意見されてはこの野郎と思ったでしょう。
諸葛亮からすれば立場は上なのにこんな意見ばかりされるとクソと思って殺そうとするでしょうね。
魏延は不運な武将と呼べるでしょう。

sad********さん

2019/5/821:24:33

演義の場合は、諸葛亮は魏延が「反骨の相」をもっていたので、「いつか裏切る」ということで最初から警戒していましたよね(つか初対面の時点で、劉備に斬るよう進言してるし)。

演義諸葛亮は結構冷酷なところがありますね。劉封をあっさり切り捨てたり、南蛮族焼き殺してその残酷さに後悔したくせに、魏延は作戦にかこつけて焼き殺そうとしたり・・・
これってつまり、魏延は残酷な死に方をしてもかまわない・・・って事ですから、それほど諸葛亮は魏延が嫌いなんだ・・・って事でもありますよね。

魏延も魏延で諸葛亮には反抗的なので「相性が悪い」って事にはなるんでしょうけどね。



史実の場合は、諸葛亮が魏延を殺そうとしたことは無いんですけどね。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

sna********さん

2019/5/821:12:20

諸葛亮は魏延を重用してますし、魏延の諸葛亮批判も公式の場でのものではなく愚痴の類ですから、二人の関係はそれ程悪くありません

諸葛亮は自分の死後に魏延が撤退命令に従わなければ置いていけと命じましたが、殺せと命じた訳ではありません

諸葛亮の遺命にしても聞いたのは魏延の政敵と言っても良い楊儀に、一癖ある費禕、後は姜維です、結局魏延は遺命に逆らいますが、費禕も魏延を騙して置き去りにしてますから、色々怪しい感じです

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

プロフィール画像

カテゴリマスター

goo********さん

2019/5/821:10:09

孔明だって完璧な人間じゃありません。馬謖を過大評価していたことからもうかがえます。
第一、孔明は軍事の天才ではない。智謀の軍師というのは小説での脚色です。

それでも内政や外交で実績があります。つまり戦時での宰相としてなら?だが平時なら古今東西でもトップクラスの政治家になっていたでしょう。

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる