ここから本文です

三十三間堂の由来が「内陣の柱間(はしらま)が33あることことから、「三十三間堂...

kud********さん

2019/5/822:31:54

三十三間堂の由来が「内陣の柱間(はしらま)が33あることことから、「三十三間堂」と呼んでいる。」と書いてあるのですが、どういう意味でしょうか?

閲覧数:
12
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

no_********さん

2019/5/823:30:46

建物本体の長手方向に、柱が34本立っている。
柱と柱の間は33。
だから、三十三間堂。

http://www010.upp.so-net.ne.jp/teiryu/Ky01.html

「柱と柱の間」の検索結果

検索結果をもっと見る

あわせて知りたい

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

別のキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる