ここから本文です

103万円未満の所得の場合の生命保険料控除について質問です。

fon********さん

2008/11/1802:30:19

103万円未満の所得の場合の生命保険料控除について質問です。

現在派遣社員として短期で働き、毎月5万円前後の収入です。
年間ですと103万円に満たないので毎月の給料からもちろん所得税は引かれていません。
先日派遣会社から年末調整の用紙が送られて来ましたが
①この様な状況の場合は、生命保険料控除証明書は添付しなくても良いのでしょうか?

②添付し申告した場合と、しなかった場合の違いを教えて下さい。
メリット・デメリット等はあるのでしょうか?
自分の年末調整ではなく、課税対象者の家族に申告して貰った方が良いのでしょうか?


ちなみに独身者です。

無知の上分かりにくい文章で大変恥ずかしいですが、ご回答宜しくお願い致します。

閲覧数:
15,932
回答数:
4
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

afh********さん

2008/11/1802:42:59

①添付しなくていいです。

②添付しても控除できる所得がありません。
メリットはなにもありません。
デメリットとしては、その保険料を他の家族が控除申告できる場合がありますが、あなたの会社に提出してしまったことで、控除できなくなってしまいます。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

「年末調整 保険料控除 103万以下」の検索結果

検索結果をもっと見る

ベストアンサー以外の回答

1〜3件/3件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

kaj********さん

2008/11/1815:01:16

提出しましょう。何も無いかもですが申告しないよりはマシです。

ちなみに最初に日本語のお話からですが・・・
「103万未満の所得の場合・・・」←この質問は少々間違いです。
あなたの場合は「103万未満の年収の場合・・・」と言う表現が正しいです。

凄く簡単に書くと「年収-控除=所得」です。

全ての給与を貰っている人は一律で65万までは給与所得控除という物が付いてきます。
その為103万-65万=38万となりますが、38万未満の所得の人は所得税は非課税です。

と言う訳で、あなたの場合は表現上"所得"ではダメなんですよ。
所得103万は年収170万くらいになっちゃいますしね。

さて、話が大きく逸れましたが本題です。
他の回答者様達も回答して頂いていますが・・・
全て所得税に限った回答ですね。
当然質問者様も所得税のお話をしていると思います。

しかし、生命保険控除は所得税以外にも使い方があります。
「住民税」です。

住民税がいくらからかかるかと言うと、年収が100万以上有れば絶対にかかります。

仮に年収が102万の人の場合、所得税は0円ですが住民税は6000円です。
ここで生命保険控除を使用すると、この住民税が4000円まで下げる事が出来ます。
(注意>所得税は最低金額が0円ですが、住民税は最低金額が4000円なので4000円以下にはなりません)

と言う訳で、人により効果があります。あなたで効果が有るようでしたらあなたで申告しましょう。

あなたの年収が100万未満であれば生命保険控除は関係ないので他の家族の申告して貰っても良いですけどね。

jam********さん

2008/11/1814:52:48

103万円未満との事ですので、必要ありません。

生命保険料控除は、所得税額を計算する課税所得額を算出する際に、控除の対象になります。
103万円未満ですと所得税は課税されませんので、控除しようがしまいが税額は出ないので必要ないわけです。

もちろんその保険料を、ご家族が支払っているのであれば、ご家族の控除対象にすることは可能です。
その際には所得税を多少抑えることができますのでご確認下さい。

jin********さん

2008/11/1807:46:14

①貼付の必要はありません。
②「保険料」の控除は、保険料の“支払者”が受けるものです。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる