ここから本文です

文章で~なこと(事)、~のよう(様)な、~があ(有)る、といった漢字でかけるにも関わら...

アバター

ID非公開さん

2019/5/1011:34:28

文章で~なこと(事)、~のよう(様)な、~があ(有)る、といった漢字でかけるにも関わらず漢字で書かないようなものはどうして平仮名なんでしょうか?

閲覧数:
13
回答数:
2

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

kai********さん

2019/5/1012:54:21

常用漢字表」に掲げられている漢字であっても、公文書でも仮名書きにするものがあります。「公用文における漢字使用等について」で、仮名書きにするものを定めています。

..漢字仮名交じり文一般について考えると、漢字の多い書き表し方が難しい印象を与え、漢字の少ないほうがやさしい印象を与えるからです。公文書も、戦後わかりやすさが求められるようになっています。
..そういうことで、公用文でも仮名で書くようになっている語句を漢字で表記すると、戦前に教育を受けた高齢の方で古臭く感じられる(この知恵袋でもそんな投稿を見かけますが)か、漢字を習いたての小学生が、漢字を使いたくて書いたようなものと思うようなこともあります。

..現行の国語施策として示されている「常用漢字表」「送り仮名の付け方」「現代仮名遣い」等は、当然のことながら、国民の言語生活全般を拘束するものではなく、また、それ以外のものが日本語としてすべて間違いであるとしているものではありません。
..しかし、社会生活を円滑に進めていくためには、法令・公用文書・新聞・雑誌・放送等の公共性の高い分野では、標準的な表記のための目安やよりどころを定めておく必要があるというのが、国語施策の趣旨です。

「常用漢字表」は、内閣【告示】です。「内閣告示」とは、内閣がある事項を公式に広く一般に知らせること。また、そのもの。一般に、官報または公報の掲載によって行われます。「内閣告示」として官報に掲載され、同時に内閣訓令とされています。
「常用漢字表」は、「法令、公用文書、新聞、雑誌、放送など、一般の社会生活において、現代の国語を書き表す場合の漢字使用の目安」ですので、表に掲げられていない漢字(表外漢字)や音訓欄に掲げられていない音訓(表外音訓)については、法令、公用文書、新聞、雑誌、放送など、したがって、学校教育の場でも用いられなくなりました。
..これを守るのは必ずしも「絶対的義務」ではありませんが、社会全体が歩調を合わせる「目安」として、学校教育はもちろん新聞や放送での漢字表記もなるべくこの範囲内で収まるように、ということになっています(地名・人名はこの限りではありません。また、科学、技術、芸術その他の各種専門分野や個々人の表記にまで及ぼそうとするものでもありません)。
またこの範囲内の漢字であっても平仮名を使って書くことは、いっこうにかまいません。

「公用文における漢字使用等について」は、内閣【訓令】です。
「内閣訓令」とは、内閣総理大臣から各省庁に対して出される命令のことで、各省庁の業務に関して法令としての効力をもちますので、これによって東京の霞が関などにある中央官庁や地方の出先機関に勤務する公務員が業務において作成する日本語の文章では、基本的にこの訓令に従わなければならないということになります。地方公共機関もこれに準じています。
したがって、公務員が業務において作成する日本語の文章では、原則として、この訓令に従って表記しなければなりません。


なお、日本新聞協会(全国の新聞社、通信社、放送局<NHK・テレビキー局>などが加盟)の「新聞用語集」では、政府の漢字施策で決められた規格(公用文や教科書)との間で、異なった漢字やことばの表記が見られます。

例えば、公用文では、接頭語の「御(ご・お)」が付く語を漢字で書く場合は、原則として漢字で書くようになっていますが、新聞、放送(テレビ)では、下記のように表記しています。

=(御)→ご<接頭語>ご縁、ご協力、ご多分に漏れず、ご本尊
=御<接頭語のうち漢字で書く習慣の強いものや、固有名詞に近いものに>御三家、御所、午前試合、御殿、御用(犯人逮捕のとき)、御用学者、御用達、御用邸、御陵、御料林、御利益
・・・・・・『朝日新聞の用語の手引』(朝日新聞社)より


「公用文における漢字使用等について」(平成22.11.30・内閣訓令第1号)
http://www.bunka.go.jp/kokugo_nihongo/sisaku/joho/joho/kijun/sanko/...
1 漢字使用について
(1) 公用文における漢字使用は,「常用漢字表」(平成 22 年内閣告示第2号)の本表及び付表(表の見方及び使い方を含む。)によるものとする。
なお,字体については通用字体を用いるものとする。
(2) 「常用漢字表」の本表に掲げる音訓によって語を書き表すに当たっては,次の事項に留意する。・・・・・・《後略》・・・・・・

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

kar********さん

2019/5/1011:50:14

一つの文章の中に余りにも多くの漢字が並び過ぎている事に因って文章全体が固く感じられ、又、読み難くい様にも感じられる為、読み易さを重視して平仮名で表記しているのだと思います。


ひとつの文章の中にあまりにも多くの漢字が並び過ぎていることによって文章全体が固く感じられ、また、読みにくいようにも感じられるため、読みやすさを重視してひらがなで表記しているのだと思います。

================

まぁこの辺りは人それぞれ感覚の違いがあるのである人に因っては平仮名が多過ぎると逆に読み難い、などといったことも起こり得るのでしょうけれど。

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる