ここから本文です

アベンジャーズ エンドゲームについてみなさんのご意見を知りたいです。 自分は...

tem********さん

2019/5/1017:15:53

アベンジャーズ エンドゲームについてみなさんのご意見を知りたいです。

自分はアイアンマンからずっとMCUを追いかけてきたアベンジャーズファンかつ、MCUに限らず給料のほとんどを映画に使

っている映画オタクです。

正直な感想なのですが。
面白かったのは間違いないですが、締めくくりに相応しい最高傑作かと言われたら正直微妙という感じでした。

よくレビューで書かれているような、アクションが最後しかないとか、戦うまで長いとかは気になりませんでした。もともと監督がインフィニティ・ウォーと前後編の予定だったと言っていたので、合わせて6時間の話を半分に割ったとすると自然とああなると思います。

また、ソーの姿が許せないという意見も多数ありましたが、そこもまだギャグの範囲だと思いました。即位した途端、なすすべもなく守るべき民の半数、ヘイムダルやロキを殺され、復讐に燃えせっかくサノスを倒せる力を手に入れたのに、詰めの甘さでスナップを許してしまった自責の念は相当でしょう。しかもサノスを見つけた思ったら既にストーンは消滅、憎きサノスは勝手に死にかけてる。モヤモヤを晴らせないまま怒りに任せ無力なサノスを殺してしまった。引きこもりたくなるのも当然だと思います。

自分が腑に落ちてない点は以下の通りです。

長いのはいいけど、シーンの取捨選択が間違っているように思える。
ギャグパートがあるのはいいと思うんですが、ハルクとスコットの写メのくだり、ソーがエーテルについて説明するくだり、過去アスガルドのなよなよソーのくだり、外でランチ中のスコットがなかなかサンドを食べられないくだりがクドくて長かった。あの半分の時間だけの方がクドくなくサラっとしてる粋な笑いにできたと思います。特にハルクの写メのくだりはクドくて逆にスベってました。

その代わりにバナーとハルクの融和がサラッと説明のみ。前回何故出てくるのを拒否したのかが解決し、バナーとハルクが理解しあう的な話がないので結局前回のハルクのイヤイヤ期はなんだったのか不明のまま。
また、最初からキャロルが仲間でサラッとスタークを見つけて戻ってくるところも、本来キャロル合流は時間を割くべき箇所だと思います。

そして最後の戦闘シーンも凝縮しすぎてて誰が何をしてるのか分からない。
一番残念だったのがローディ。マーク6はまさかの瓦礫に挟まれ性能不明のまま破棄。更に、その後フルアーマーウォーマシン的なスーツでロケットを肩に乗せ二人でカッコよく登場したのに、戦闘シーンがなくやはり性能不明。活躍が楽しみだったのに残念です。
ハルクもずっとプロフェッサーハルクではなく、普段はバナー、戦闘時はハルクと使い分け自在になれたという方が良かったと思います。戦闘シーンでスマッシュすればハルクファンは喜んだはずです。

ソーも最終決戦時にはムキムキにもどり、長髪ムキムキの元祖ソーの状態で戦うべきだったと思います。キャップとアイアンマンは明らかに原作意識の新スーツなのにソーだけギャグのままっていうのはソーのファンは納得できないでしょう。あと個人的なセンスの問題ですが、原点回帰を狙ったとはいえ、キャプテンの鱗アーマーや、肩から肘まで金でツルツルなアイアンマンアーマーは実写だとやはりダサい。

最後の戦いなのに暴れないハルク、弓矢を使わないホークアイ、重火器をぶっ放さないウォーマシン。女性メンバー揃うシーンで既に死んでるナターシャ。
正直、脚本が予想外の展開を作ることを最優先にし、ストレートに面白いもの、素直にファンが待ち望むものを作らなかったと思わざるをえません。
残存メンバーが最終決戦使用の出で立ちで揃い、最後の戦いに挑む。それが一番ファンが望んでいた展開なんじゃないかと。映画としては単純にそれでよかったんじゃないかと思えて仕方ありません。

最後のスティーブの選択も理解できなかったです。てっきりバッキーと二人で過去に戻ると思っていました。一人寂しく現代に馴染めないでいるなか、バッキーと再会し、彼を助けるためにボコボコにされながら必死に説得。更にスタークと袂を分かちアベンジャーズ解散という事態になるほど彼に固執してきたのに、今度はバッキーを現代に残して自分だけ過去から戻らないという。散々周りを巻き込んでまで守ったバッキーをあっさり置いていくなんて。自分が経験した辛さをバッキーにもさせてどうするのか。
また、シャロンはどうなるのか。とりあえずいけそうだからキスしちゃっただけってことですよね。この辺りが、ウィンターソルジャーやシビルウォーと同じ脚本家が書いたとは思えない矛盾を感じる展開でした。

長くなってしまいましたが、「自分も同じように感じた」、逆に「いやいや、それは違うよ」という意見、寧ろ僕の考えを論破してこのモヤモヤを晴らしてくれる意見等たくさん聞きたいです。

閲覧数:
786
回答数:
12
お礼:
500枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

mai********さん

2019/5/1020:41:30

まぁ、微妙なところですよね?
個人的にはラストのペギーとキャップがダンスして終わるだろうというのは予測はつきましたがやはり、トニーがあのまま亡くなってしまったのが凄く拭えないです。
バッドエンドでもありつつハッピーエンドにもしたかったという感が出ていた気がします。新しいアベンジャーズつまりトニーやキャップの意志を継ぐものを演出させたかったのもありましたね。
キャップに関しては多分無理くりですね。
マーベルからクリス・エヴァンスさんを卒業させる為にやった演出に過ぎないです。
おそらく、バッキーは今後も出演予定を考えての事だと思いますよ。おそらく、ブラックパンサー2辺りで登場の可能性が大いにあるからです。だからこそ、無理くり
過去に戻って年老いてサムに盾を渡し、託したシーンを演出させたのだと思います。
それなら、まぁ卒業ちゃ卒業できますし
そう考えればペギーとの最後のシーンは綺麗な感じだと思います。
ナターシャに関してですが、ある程度は途中観てて死ぬなって思いました。ソウルストーンで誰かが犠牲になるのは分かってましたし
現存してるメンバーで考えても
明らかにナターシャorバートンだとは思いました。何故なら代償が愛してるものを失う事です。これを考えても
この2人以外いねーなとエンドゲームでの
インフィニティーストーンを集める作戦会議でのシーンで分かりました。
そこから、バートンには家族もいるし
家族を助ける為に動いているのに
死ぬ訳あるかな?と思いつつ
最初の5年後のシーンの後のキャプテンとナターシャの会話でもナターシャが
死ぬフラグを立てるような会話を思い出して
死ぬ感が出ていましたしね。
まぁ、複雑ですよ。
こういうフラグを立てる辺りでも
何かしらの意味があってのシーンて多い気がします。何故ならこの作品って
前回に比べてかなり重い作品です。
その中でも何かしら意味がなくても面白いシーンを取り入れたかったから
敢えて無駄に質問者様の言うどうでもいいシーンを取り入れたのではないですかね?
皆があれってどうなったの?って思う所はあると思います。だけど、あれやこれや詰め込み過ぎたら逆に面白くないし、これくらいが丁度いいかなって言うのもあります。
よくこの映画でアクションシーンが少なくつまらないとおっしゃってる方がいますが、
私は逆だと思いますね。これくらいにしたからこそ、ここぞというシーンで興奮ができるのです。逆に入れ過ぎたらくどくなります。
そうなれば、ここまでの興行成績を記録出来ないですよ。
もう一度言いますが。この作品は今までのマーベル作品でかなり重い作品です。
絶望と希望が交差してる作品と言えますよ。
まず、なぜ、冒頭がバートンのシーンだったのか
これってささやかな幸せ溢れるシーンですよね?でも、この後スナップされ絶望のシーンへと変貌する。
その後、トニーがネビュラと楽しそうにゲームをしてるシーン。これは明らかに希望溢れるシーンです。
その後、トニーはペッパーに向け絶望状態を打ち明ける
その後、今度はキャプテン・マーベルが助けに来る。これは希望溢れるシーンです。
その後、またトニーとキャップの言い争い
大事な人々を失った絶望溢れるシーン。
その後、今度はストーンを使い
失った人々を救うという希望溢れるシーン
またその後、サノスはストーンを破壊してしまい、助ける事が出来ないという絶望に落とされるシーンで
ここから5年後と置く事でワンクッション置いて絶望シーンからスタートする。
これが交差し続けてる作品です。
上手い具合に作られていると思いました。
だからこそ後映画館で観れるうちに観たいと思います。まだ見ぬ新たな発見があるかもしれません。だからこそ、アベンジャーズは面白いです。長文失礼。

「アベンジャーズ」の検索結果

検索結果をもっと見る

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/11件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

td0********さん

2019/5/1509:44:46

あえて次のことを考えてのストーリーだと思うのでよかったんではないでしょうか?

バッキーを置いて行ったのもファルコンとの共演が次にあるからでしょう。

むしろマーベルらしい終わり方だと思ってますけどね。

ser********さん

2019/5/1507:57:07

「ヒーローは特別ではないんです」


回答の前にいくつか

まず、自分は映画好きではありますが、「マーベル系の映画の大ファンだ!」というわけではありません。正直、観た作品は、アイアン1,2,3、アベンジャーズ1,インフィニティ、エンドゲームだけです
次に、私はエンドゲームについて、素晴らしい作品だと思いました
そして、私は他の人の意見を否定する気はありません

さて、私としては質問主さんの疑問について、内容を読みながら「そんなところ気にしなかったなぁ」「そういえばそうだよね。なんでだろう」と思いました
そこで、1人の映画好きとして回答します

質問主さんの疑問に、包括的に答えるならば
「ヒーローは、いつ、なんどきであっても、ヒーローである・・・必要はないし、そんなことはできない」です

コミックのヒーローは格好いいです。でも、彼らはヒーローである前に、1人の人間なんです
ヒーローだって、お腹が減ります。ご飯を食べて、時間が経てばトイレに行きたくなります(超自然的エネルギーを利用している人もいるようですが)
考えて、悩んで、嫌がって、失敗して、後悔して、落ち込んで、塞ぎ込んで、諦めて、お酒飲んで、何もかも忘れて。そういう時があります
誰かに相談して、あるいは説教されて、そうしないと立ち直れないんです
ヒーローは誰だって、いつだってカッコイイわけじゃないんです
誰にも気づかれないヒーローだっています。いざって時に格好良く決められない時もあります。様々な理由で全力を出し切れなかったり、感情を抑えられずに暴走する時もあります
そして、頭の片隅で考えているのです「超能力や頑丈な身体、優れた知覚。強大な敵や宇宙を賭けた運命。そんなものを気にせず、のんびり過ごしたい」と

ヒーローは特別ではないんです
何かの偶然か必然で、自分にできる精一杯のことをして、その結果の一部分を見た周りの人が「あの人はヒーローだ」と見なしているだけなんです
そんなヒーローの、ヒーローっぽくない部分を見せるために、質問主さんが疑問に感じたようなシーンをあえて組み込んでいるのだと、私は考えます

では、その思惑は何か。私の考えはこうです
「ヒーローは特別ではない」裏を返せば、「誰だってヒーローになれる」
エンドゲームでは、それを伝えようとしているのではないでしょうか?

ウォルト・ディズニーがマーベルを買収した影響?――そうかもしれません
私の深読みのし過ぎ?――そもそも考え方が間違っているかも

長くなりましたが、ご参考になれば、幸いです

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

sbu********さん

2019/5/1411:41:23

ハルクのイヤイヤ期については単にサノスとのタイマンに負けてヘソを曲げていただけです。

par********さん

2019/5/1410:16:35

何千、何万人の人手が如何にかかろうと、
何億、何百億のお金がかかろうと、駄目なものは
駄目なんです。別問題ですから。

今回の結末自体が、少なくとも今までのクオリティーから
大きく劣化しているため、厳しい判断も下されているという事。
要するに手を広げ過ぎて、最後にまとめられず、中途半端に
終わってしまったという事。その、失望感というか
最後の締めだという事もあり、MCUの今後の評価を下方修正
せざるを得ないほどの出来だったということ。

少なくも、今までのアベンジャーズものでは最も
質の低い作品だったことは間違いないでしょう。

制作陣はやってしまった、という感は今頃感じているのでは?

han********さん

2019/5/1401:34:42

マーベルを愛する監督を含めた何百人ものスタッフが何年もかけ何億円もかけ話し合い出した答えになんの不満があろうか?多分ファンが考えたあーだこーだは重々わかってる上での今回の結末だと思います。
もちろん個人個人でここはこーあって欲しかった、と思うのは当然です。
しかしここでハルク無双をしたら、バッキーも共に帰ってたら、ナターシャを生かしていたら、ひょっとしたらそれはそれで何かが狂うのかもしれません。それがエンドゲーム なのか今後のMCUなのかはもちろんわかりませんし、世界観なのか、会社の株価なのかもしれません。
とにかく今後のMCUを観続けて判断するしか無いと思います。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo!知恵袋カテゴリ

一覧を見る

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる