ここから本文です

保護された犬の避妊手術や狂犬病予防接種を確認する方法 保護された柴犬のメ...

gaw********さん

2019/5/1106:57:52

保護された犬の避妊手術や狂犬病予防接種を確認する方法


保護された柴犬のメスを飼うことになりました。

ペットを飼ったことがなく、無知なため教えていだきたいのですが、避妊手術を受けた犬なのか、また狂犬病予防接種を受けているのかって調べる方法はあるでしょうか?

また、その他自治体への届け出以外、何かしなくてはいけないことはありますか?

閲覧数:
39
回答数:
2
お礼:
250枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

yqv********さん

2019/5/1111:41:52

避妊手術の縫合跡があれば避妊手術済みです。
縫合の上手な先生の場合、縫合の跡が残らないので、エコー検査で子宮の有無の確認をして貰う事になります。

狂犬病ワクチンは他の方もかかれてましたが、保護された場所で打ってるかどうかです。
狂犬病ワクチンは毎年打つのと、春前にワクチン接種して下さいと言うハガキが役所から届くので春にワクチン接種をする飼い主さんが多いです。
保護された場所に数ヶ月居て、狂犬病ワクチン接種してない、首輪に今年のワクチン済鑑札がなければ、獣医さんに事情を話した上で狂犬病ワクチン接種した方が良いですよ。

最寄りの役所の保健課又は保健所に飼主登録をして犬鑑札を貰って下さい(料金は3,000円で手続きも飼い始めの時のみです)

狂犬病ワクチン接種は毎年なので、接種後、本年度の接種済の手続きが必要です。
動物病院で手続き代行してくれる所も増えてますが、代行してない場合は最寄りの役所の保健課又は保健所で狂犬病ワクチン接種証明書を提示して、本年度の狂犬病ワクチン接種済鑑札を貰って下さい(代行でも直接窓口でも550円かかります)

あとは、混合ワクチンも感染症予防の為に必要です。
病院によっては抗体検査(有料)をしてくれます、抗体が無ければ混合ワクチン接種もして下さい。
数年前まで毎年接種と言われてましたが、今は3年に1回を推奨する獣医さんが増えてます。

ドッグラン、トリミング、ペットホテル、ペット可の宿泊施設など利用する場合は狂犬病ワクチン接種と混合ワクチン接種(5種)の証明書又は抗体証明書が無いと利用出来ませんので、混合ワクチン接種か抗体検査(混合ワクチン)をおすすめします。
混合ワクチンも地域環境によって5種〜11種まであります。
これも獣医さんと相談して下さい。

あとは、地域によって多少時期が異なりますが、蚊から感染するフィラリア症を予防する為に毎年蚊の出る時期に毎月予防薬の投与が必要です。(5月〜11月の地域が多いです)
まずはフィラリア症に感染してないか採血で検査をします。
感染してなければ毎月1回予防薬を飲ませます。
(最近は病院によっては注射1回の所もありますので、獣医さんと相談して下さい)
フィラリア予防と一緒にノミ・マダニ駆除も混合になったオヤツタイプの薬が主流です。
体重によって薬の大きさが変わるので料金も変わってきます。

ざっと、こんな感じです。

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

win********さん

2019/5/1107:24:24

女の子ですから、避妊手術をしていれば、お腹に手術の痕があります。狂犬病予防接種については、血液検査(抗体検査)でわかるでしょうけど、毎年接種が義務づけられているので、本年度分については、譲渡していただいた所で確認出来ると思います。それ以前については確認する必要は無いでしょう。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる