ここから本文です

NHK大河ドラマ「いだてん」

ike********さん

2019/5/1221:54:08

NHK大河ドラマ「いだてん」

第18回『愛の夢』の感想は?

NHK大河ドラマ,播磨屋,いだてん,金栗,スヤ,フォークダンス,谷口浩美

閲覧数:
133
回答数:
6
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

woo********さん

2019/5/1312:31:54

女子スポーツの話が中心と言う事で、オープニングの映像もスヤさんがジャンプしてるシーンや、他にも女性選手の競技シーンに張り替えられてましたね。

本編も、もっと女子スポーツの夜明けを時間を掛けて欲しかったですが、後半は四三の超人チャレンジと播磨屋さんが中心と、なんか中途半端な気がしました。

もしかしたら、播磨屋さんの話は例の事件が無ければ2~3話前に挟む予定だったのではないですかね?
急遽、ここに挟み込む事でチグハグになってるでのは。

要らないのは相変わらず落語家のシーンなのですが、森山未来も弱い奴がただ粋がってるだけに見えて、モデルと役者、双方にイメージが悪くなってます。
アクセントとしての不真面目キャラは、美川だけで十分です。

紀行では、女子スポーツではなく播磨屋さんの説明でしたね。
谷口浩美さんが使っていたと言う事は、まだ廃業したのは最近と言う事ですよね。
大河ドラマでないにせよ、スポーツ特番などでももっとスポットを当てられていたなら、外国メーカーや大手に飲み込まれずに残っていたかもしれませんよね。
日本人としても、大きな損失なのではないでしょうか。

まあ、金栗さんの事もほとんどの人が知らなかったくらいなのですから、学ぶことが多いドラマなのだとつくづく思います。
毎回、感動と知識が大量に押し寄せます。
今後、招致活動など加納や田畑の活躍もあるのでしょう。

先週は、来年の東京五輪のチケット予約がはじまり、50万件以上もアクセスがあったそうですが、このドラマを見ずにして、日本人としてどうやってオリンピックを迎えられるのでしょうか?

開会式のチケットが一番人気だと聞きますが、知識が多いほど感動も大きいと思います。
「いだてん」をスルーしてオリンピックだけを騒いでる人は、ほんとアホだと思います。

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/5件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

yos********さん

2019/5/1316:55:36

スヤが女子体操服を着て、妊婦にちょうどいいみたいなんですが、なんとなく今風で、大正時代っぽくないのが不思議な感じでした。
シマが走り始めましたが、人見絹枝はいつ頃登場するのでしょうか。もっと後ですかね。

ili********さん

2019/5/1302:52:06

私にはドラマになってませんでした。
ふんどしから、⚪が見えそうな演出
とかオバサンのダンスがキモすぎ!
(|| ゜Д゜)!

プロフィール画像

カテゴリマスター

2019/5/1223:45:27

第一次世界大戦の下り、あっさり終わってしまいましたね。日本も少しは参戦していたように思っていたのですが、そうでもなかったようです。

今回は女子体育の発展の物語。日本古来の助詞育成法と、ヨーロッパの集団舞踊、アメリカのフォークダンスと、色々な文化が入り混じっている様がいかにも変革期の雰囲気でした。

そんな中で一人、女子マラソンにこだわり続けるシマ。女子マラソンが認められる時代が早く来るといいのにね。

朝太、なかなか波乱万丈の物語。どこまで実話なんだろう。まあ、できるだけ事実に即してお話を進めているとは思うけれども。

kai********さんがおっしゃっていることに私も同意。下手なテコ入れはしないでいただきたい。どうせアンチは戻ってこないだろうし。それよりも、宮藤官九郎ワールドを思い切り炸裂させてもらいたい。

戻ってくるかこないか分からない視聴者に気を使って小手先の追従など止めて、今いる視聴者を大切にしようよ。

貝ぼたんさん

2019/5/1222:30:18

ちょっと説明が多かったかな。
歴史ものだから、説明を視聴者にどうストーリーで分かりやすく伝えるかが作り手の苦しみなんだろうけど。
申し訳ないのですが、一言言わせて頂くと、ついにNHKサイドのテコ入れがあったような気がする。

なぜたけしではなく五りんが女子スポーツの説明をするのか、たけしさんで良いのに。
なぜ無理やり綾瀬はるかのシーンを多くしたのか、私が察するに本当は全国を走り回る四三のハツラツとしたシーンがもっとあったはずなのに、無理矢理綾瀬さんをはめ込んだような気がします。
変なテコ入れはやめて頂きたい、もっと言うと、クドカンに任せておけば良し、天才の作業の邪魔をするのは辞めて頂きたい。

四三に「播磨屋以外にはまかせておけぬ」と言った靴に打ち勝つ足袋の事も、もっともっと興味が湧きました、あそこのシーンももしかしたら削ったかもしれないなあ。
播磨屋の主人役、今の方が良いですね、自然に感じます。

とにもかくにも四三の第一子、本当にお目出とう!٩( ⺤◊⺤)۶

si7********さん

2019/5/1222:19:08

今回は日本における女子の体育教育事始めとか、全国各地を駅伝やマラソンで
走る話など、ストーリー展開としては混沌としていましたが、当時の様子が
興味深く紹介されていたと思います。
私の年代だと、祖父母が10代の頃に当たります。

・東京女高師(現:お茶の水女子大学)における体育教育の方針が混乱気味
でしたね。
アメリカ留学から帰国後の可児先生(演:古舘寛治)の講義やサングラス
姿がかなりキワモノ的だったと思います。
古舘さんは、静岡県では某パチンコ店チェーンのCMでかなり意味
不明なキャラを演じていますが、それをつい思い出してしまいました。
ところで、講義内容、見方によっては現在ならセクハラ寸前では…?

・二階堂先生(演:寺島しのぶ)が「和服の七悪」を講義していましたが
たしかに和服は動きづらい面はあるけど、ああまで非難することは
ないだろう…と思いました。

・金栗さん(演:中村勘九郎)の部屋に貼ってある日本地図に、マラソンなどで
走ったコースが足袋のスタンプで表現されていましたが、「時刻表2万キロ」で
故・宮脇俊三さんがやったという「白地図上で乗った路線を塗りつぶす」
行為を連想しました。

・昭和30年代の高座で、五りん(演:神木隆之介)と知恵(演:川栄李奈)が
大正時代に女子の体育で使われていた服装を実演していましたが
ずいぶんはじけた演出をするなぁと思いました。

・このところオープニングの映像が週によって少しずつ変化していますが
過去映像の豊富さはさすがにNHKだなぁと思いました。
ちなみに、綾瀬はるかさんがバレーボール選手の姿と、着物に袴の姿と
二通りで出ていました。

・「いだてん紀行」で、播磨屋の親父さんのリアルな写真が紹介されて
いました。
ネットでは鮮明な画像が見つからなかったのでよくぞやってくれた!と
思いました。
スポーツ選手にとっては、用具を作ってくれる人は大切な存在ですから
こういう人たちのことを忘れてはいけないと思います。

次回はいよいよ箱根駅伝の回ですね。
この件に関してだけは、関東学連に所属している大学の方々が羨ましい
です。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる