ここから本文です

1.私たちに玉ねぎの量について聞いてませんでしたよね? 2.私たちに玉ねぎの量に...

dri********さん

2019/5/1223:12:42

1.私たちに玉ねぎの量について聞いてませんでしたよね?
2.私たちに玉ねぎの量について聞かなかったよね?

二つの文章の微妙な違いは何でしょうか?
よろしくお願いします

閲覧数:
30
回答数:
3

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

kai********さん

2019/5/1613:27:09

1.私たちに玉ねぎの量について聞いてませんでしたよね?
2.私たちに玉ねぎの量について聞かなかったよね?

1は「敬体」、2は「常体」という違いです。

敬体:文末に丁寧語「です」「ます」「でございます」などを用いた口語の文体。です・ます体。⇔常体。 (デジタル大辞泉)
常体:主として口語文で、敬語、または卑語を用いないふつうの文体。(精選版 日本国語大辞典)

1の文章は、文法的にまったく成り立たないというのではありませんし、よく聞く表現ですが、「ません」+「でした」と敬体が積み重ねられています(「二重敬体」)ので、たいへんドロくさく感じられる表現です。
最後の「です」を省いて「聞いてませんよね」としたほうが自然な表現になります。


【ご参考】
敬体の積み重ねの場合は、不自然なものと不自然ではないものとがあります。、
〇「ます・ません・ました+でしょう」(推量の場合)→〇
......〇「雨で、外へ出られませんでしょう」⇔〇「出られないでしょう」
......〇「道がさぞ混みましたでしょう」・・⇔〇「混んだでしょう」
......〇「お苦しい場合もございますでしょうね」⇔〇「あるでしょうね」
〇「ません+でした」(否定形+過去形)→〇
......〇「あまり安くはありませんでした」
.................×「安くないでした」、△「安くなかったです」
......〇「探してみましたが見つかりませんでした」
.................×「見つからないでした」、△「見つからなかったです」
✖「ます・ません・ました+です」→×
......×「食事はもう済ませましたです」
......×「私の会社のは職務給制度がありませんです」
......×「それには厄介な事情もございますです」
....(否定形の場合)
......△「ご注文はございませんですか」
✖「ます・ました+でした」→×
......×「面白い本がありましたです」
‥‥‥水谷公弥『敬語に強くなる本-人前で恥をかかないために』エール出版社、1975年、P150-152より要約引用

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

buo********さん

2019/5/1606:47:05

1.私たちに玉ねぎの量について聞いてませんでしたよね?
2.私たちに玉ねぎの量について聞かなかったよね?
1は過去完了;2は 過去。

聞きませんでしたよね。にしないと丁寧さが合いません。

プロフィール画像

カテゴリマスター

oji********さん

2019/5/1519:08:45

>二つの文章の微妙な違いは何でしょうか?

1.私たちに玉ねぎの量について聞いてませんでしたよね?
2.私たちに玉ねぎの量について聞かなかったよね?

1は敬語で、2は非敬語(平語)です。但し、1の「ませんでした」は、二重敬語なので、違和感があります。意味的な違いはありません。

あわせて知りたい

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる