ここから本文です

FF11,ファイナルファンタジー11についてです。

rtr********さん

2019/5/1310:07:00

FF11,ファイナルファンタジー11についてです。

プロマシアは絆ブレイクだとか難易度がどうとかという話をよく耳にするのですが、FF11未プレイの私からすると調べても具体的なことが見えてこず、どうヤバかったのかが分かりづらいです。

気になって仕方がないので、具体的にどうヤバかったのかを教えていただけないでしょうか。


専門用語を交えながら、当時のシステムを説明しながらという形でも、他のゲームに置き換えてという形でも大歓迎です。

閲覧数:
421
回答数:
2
お礼:
50枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

s23********さん

2019/5/1310:43:20

〇単純に難易度が高かった
今までのミッションのボス戦とは違い
「強敵との戦闘を避けるのが非常に難しいダンジョン道中」と
「非常に強いボス敵」が両方おり、攻略が困難を極めました。

〇レベル制限の影響
エリアにより異なりますが、レベル制限が課されます。(現在は廃止)
上記高難度も相まり、「レベル30制限ではまだ力を出せない」ジョブとか
「レベル40制限のボス戦で本領を発揮」するジョブとかが
いろいろ出てきてしまい、メインジョブが使えなかったり
興味のない別ジョブ上げを強いられたりすることが多かったです。
また、単純に「プロマシアミッション用レベル制限対応装備」を
用意させられる負担も大きかったです。高騰しましたし。

〇拘束時間の長さ
パーティは当然ながら最大人数の6人が必須。
また、道中の安全を考え、「6人×3組」の
「アライアンス」を編成して挑戦するプレイヤーも多かったです。
募集には相応の時間がかかりました。
雑魚敵一体に6人ががりで殴り掛かって2分かかることも
珍しくなかった戦闘バランスでした。
その影響で、ミッションの一部だけでも拘束時間は5時間とかになることも
珍しくありませんでした。

〇消耗品の品薄・高騰
高難度エリアに多くのプレイヤーが殺到すれば
消耗品アイテムが品薄になり高騰します。
プロマシア導入直後は最大で回復消耗アイテムが
5倍近くまで高騰した記憶があります。

〇こんなミッション知り合いとはいえ絶対手伝いたくない
絆ブレイクといわれる最大の要因がコレ。
もう二度と思い出したくすらないミッションに
何時間も時間をかけて、高額の消耗品にお金をかけて
それでもなお攻略失敗の可能性も多分にある状況で
お手伝いに行きたくないですし、頼むのも相当気が引けます。
これによりコミュニティが分断・崩壊したケースも多いです。


高難度コンテンツ自体はあってもよいと思いますが
「プロマシア」では有料拡張ディスクによる追加エリアのほぼ全てが
この手のレベル制限・高難度ミッションの攻略を必須とするエリアの先に
あったため、大問題になったのです。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

キトゥンさん

2019/5/1419:27:42

毎晩暴言や嫌味を同僚に言われながら夜勤してる感じ。
ゲームというより仕事だった。
何度も全滅してお通夜状態で仲良いメンバーも嫌いになった。
誰が誰より下手くそだと言い合いになった日もあった。
日程が合わないからと黙って他の固定に参加して姿を現さなくなりコンプしたら自慢しに来た人もいた。
ゲーム自体辞めた人も沢山いた。


なぜそこまでしたかって言うのは、
みんながMMO初めてだったからなんとか耐えられたんだと思う。
今も高難易度のゲームはあるが、当時と違いSNSも通話ツールも充実してるからね。
ゲーム内だけの繋がりだから簡単に崩壊したんだと思う。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる