ここから本文です

医療保険って必要だと思いますか?

bjq********さん

2019/5/1706:37:08

医療保険って必要だと思いますか?

万が一のために医療保険は必要だと言いますが、昨今は、医療技術の向上で、入院は短くて済むじゃないですか。
医療保険に1ヶ月、1万円払って、年に12万払い、入院費1万円をもらうとします。
だとしたら、1年に12日は入院しないと、損になってしまいます。

でも、先に言った通り、昨今は入院は短くて済みます。長くてもせいぜい1週間。
1ヶ月入院するなんて相応な病気か怪我になりますが、そんな病気やケガを負う確率の方が低い。
仮に、1ヶ月入院したとしても、今は有給が簡単に取れる時代。
貯金も少ないとはいえあるし、別に、保険が無くても良いのでは? と、思ってしまいます。

っていうか、保険期間を見ると、70歳までとか80歳までとか、そういうのばっかり。
いやいやいや、70歳から80歳からが、もっとも必要なのに!
ちなみに、老後のための年金保険はすでに入っています。
本当に万が一の時は、その年金保険を解約して、お金を得る。という、手段もあるかな。と、思っています。

もちろん、医療保険は万が一のためのもので、一時金やらなんやらもくれるというのは知っています。
が、怪我、病気をしないのなら、もらえない。無駄に保険金を払い続けているだけです。

万が一のためと言いますが。しいて例えるなら、いつか当たるかもしれないからと、当たる保証も何もないのに、宝くじを毎月、買い続けているような。そんな気分になってしまうのです。

貯蓄型の医療保険もありますが、そういう保健は掛け捨ての医療保険より、金額が高くなってしまいますし、年金保険も入っているから、正直、貯蓄型の医療保険はいりません。

でも、万が一のことを考えると・・・と、迷っています。
医療保険について、どうお考えですか? 皆さんの意見をお聞きします。

補足色々と調べてみると、医療費を請求しなければ、掛け金がもどってくる。みたいな保険もあるようで。色々と、検討してみたいと思います。みなさん、回答ありがとうございました。

閲覧数:
380
回答数:
7

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

mel********さん

2019/5/1803:14:39

もし、今、病気になったら、
どこから、お金を捻出するってことです。
貯金が既に、十分あるなら、
医療保険はいらないという考えもありますが、
これから、貯めますでは、
病気は、貯金貯まるまで、待ってくれません。

世の中には、収入があっても、
浪費して、貯金できない人間もいるので。
金銭的な損得で言ってしまえば、
損する確率が高いけど、
損するのは、保険料払ってる本人だけの問題ですみますが、
貯金も、保険もなければ、
借金する、身内に負担かける、治療をあきらめる
ってことで、そうなると、本人だけの問題ではない。
まわりに迷惑かける可能性があるということです。

私は、個室希望なので、
差額ベット代は、大きく無視できません。
高額療養費の対象は、あくまで、保険適用内の治療で、
差額ベット代は、対象ではありません。
高額療養費は、所得により、自己負担限度額が違いますが、
上位所得の場合の自己負担はけっこう大きいです。

胃癌手術後に、後遺症で、腸閉塞で何度か入院を繰り返した時、
毎回、救急車か、夜間外来で、そのまま入院だったので、
限度額適用認定を準備する間なかったので、
とりあえず、3割負担でしたが、
高額療養費は、後日、還付では、3か月くらいかかりました。
医療保険の方が、先に入金されました。

もし、同一の疾患に対して健康保険による治療と
自由診療の治療を行った場合は、
一連の治療とみなされ、健康保険は適用されず全てが自由診療となる。
従って、すべて自腹、10割負担、
健康保険の支払い機関に一連の診療にかかわる診療報酬の全てを請求できない。

https://hoken-kyokasho.com/ganhoken-jiyuushinriyou

「医療保険 必要か」の検索結果

検索結果をもっと見る

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/6件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

プロフィール画像

カテゴリマスター

san********さん

2019/5/1802:47:42

>医療保険って必要だと思いますか?

色々な意見があると思いますが、他の保険(自動車保険や生命保険など)と比較して必要性が低いのは確かだと思います。
高額療養費制度もありますし、会社員が加入している健康保険の中には独自給付により月額2万円までしか医療費がかからないというところも多いですから。

これは持論ですが、医療保険はある程度まとまった医療費専用の貯金があれば不要だと思っています。ですので医療保険はもし加入するのであれば、そのある程度まとまった貯金ができるまでの間だけにするのがよいと思います。

若い間だけをカバーするなるべく保険料が安いものに加入して防御を固めつつ、なるべく早めに貯金を作って保険は解約する。
これが結局ベストだと思っています。
この目的であれば共済系が販売している、60歳くらいまで保障内容も掛金も一律というプランが向いています。

民間の保険会社がよく販売している
「一生涯をカバーする終身医療保険」
は、老後までカバーしてしまうがために保険料が高いため向いていません。

それに終身医療保険はインフレに弱いなど様々なデメリットがあります。
例えば入院したら日額1万円というプランに加入していたとしても、年1%でインフレが進めば、20年後に受け取れる1万円は現在の8,000円くらい。50年後に受け取れる1万円は現在の6,000円くらいの価値しかありません。
保険会社はよく
「終身医療保険に加入すれば医療費は老後も含め一生カバーできますよ」
とアピールしていますが、逆に老後になるほど弱い保険なのです。

老後の医療費は既に質問者様がされているように、年金保険やiDeCoなどで貯蓄をして備えるほうがよいと思います。



>医療保険に1ヶ月、1万円払って、年に12万払い、入院費1万円をもらうとします。だとしたら、1年に12日は入院しないと、損になってしまいます。

共済系であれば、実質1か月1,000円台の掛金で入院日額1万円を受け取れるプランがあります。それでしたら元を取れる可能性はもう少し高いです。

cal********さん

編集あり2019/5/1712:34:14

少し混乱されています。

前半で「1年に12日は入院しないと、損になってしまいます」とあるように、そもそも「万が一」が起きても損します。

「保険は損得ではない」「安心を買っている」「治療費以外にも色んな支出が」等いわれても、「普通預金の方がマシ」なら前提が崩壊してしまいます

医療保険が役立つ事態もあるにはあるんですが、かなり屁理屈じみた極端な観点がいるので、一般論としては「不要。万が一が起きても役に立たないから」でしょう

dai********さん

2019/5/1707:16:49

保険は万が一支払い困難になった場合に備えるもので、損得ではありません。
医療費で家計破綻する可能性があるのか無いのか。
リスクの大きさと発生頻度のバランスで選ぶべきものです。
家計破綻リスクは小さいけど発生頻度は高い事項に対して保険をかけるとキリがないという事になってきます。

ojd********さん

2019/5/1707:14:50

損得で言えば要らないと思う
でも気持ち的にはあったら楽だと思う

入院した時に、部屋代が無料の集団部屋は人気で待ち状態であることが多く、一時的に有料の個室に入らないいけないことがある。
一刻も早く集団部屋に移動したいのに移れない不安から解消されるとか。

入院した時くらい細かいことは気にせず贅沢したいと思うよ

高額療養費制度も月を跨ぐと効果を発揮しないとかある

プロフィール画像

カテゴリマスター

ten********さん

2019/5/1707:05:01

高額療養費制度があるので、医療保険は必要ではないと思います。もちろん長期の入院になることも考えられるので、医療保険はあくまで御守りみたいなものだと考えます。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる