ここから本文です

三国志でも出てくる、中国人の氏名とくっついてる 字(あざな)は日本で言うとどう...

q10********さん

2019/5/1807:16:50

三国志でも出てくる、中国人の氏名とくっついてる 字(あざな)は日本で言うとどういう意味の構成ですか? 親しい仲の人はその人をあざなで呼んでるみたいですが。

閲覧数:
31
回答数:
1
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

msy********さん

2019/5/1819:39:09

源”九郎”義経。
織田”三郎”信長。

日本で言うと、九郎や三郎が字になります。
義経や信長は諱(いみな)と呼び、忌み名が語源で基本的に呼んではいけない名前です。

中国でも同様。というより、元々は中国から伝わった文化です。
曹操と呼ぶのは本当はダメで曹孟徳。
劉備もダメで劉玄徳。
関羽なら関雲長と呼びます。

ちなみに曹操孟徳と続けるのもありえません。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

あわせて知りたい

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる