ここから本文です

Pが平面OBC上にあるときに

lca********さん

2019/5/1812:21:00

Pが平面OBC上にあるときに

↑OAの係数がなぜ0なんでしたっけ?

平面OBC上,係数,OA,P∊平面OBC,すなわち,ベクトル,p

閲覧数:
30
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

ags********さん

2019/5/2223:45:22

平面OBC上の任意の点Pに対して、
↑OPは平面上の一次独立な2つのベクトルの一次結合で書ける。

これは次のように言い直せます。
P∊平面OBCなる任意のPに対して、↑OP=s↑OB+t↑OCと書ける。

すなわち↑OPを表すのに↑OAは不要ということで、
そこから↑OAの係数=0となります。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる