ここから本文です

「地球温暖化」が、未だに「地球が暖かくなる」ことだと思っていらっしゃる人はい...

プロフィール画像

カテゴリマスター

mom********さん

2019/5/1911:11:51

「地球温暖化」が、未だに「地球が暖かくなる」ことだと思っていらっしゃる人はいるのでしょうか?

地球内にエネルギーが溜まり過ぎ、海水温の異常分布や気象変動の激化がもたらす影響を考えると今後の500年に起こるであろう「変化」が大変心配です。
気象現象のような「複雑系」では、どこにどんな影響が出るかの予測は大変難しく、経済効果のマイナス要素は計り知れません。
質問
「地球温暖化」の本当の怖さを専門知識のある方教えてください。

閲覧数:
189
回答数:
8
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

プロフィール画像

カテゴリマスター

sec********さん

2019/5/2021:11:47

「本当の怖さ」は、ホーキング博士の言葉に現れている。
車椅子の天才物理学者といわれ、NASAに多くの助言をしたり、アインシュタインの相対性理論の謎を解いたりしました。
昨年3月に76歳で亡くなりました。
一昨年、母校オックスフォード大学で行われた、自らの75歳祝賀講演で、「この温暖化が進めば、地球の気温は250℃になり、硫酸の雨が降る金星のような星になるだろう」と警告し、トランプ氏の行動を批判しました。
https://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2017/07/250-1.php

温度が上がれば、熱帯森林や海はCO2の吸収減から放出源に変わります。
地球には、海中の炭酸塩、永久凍土やタイガ(寒帯林)の泥炭層、深海底のメタンハイドレートなど、化石資源の埋蔵量に匹敵する炭素の貯留があります。
これらは、気温が上昇すると、メタンやCO2を放出します。
2℃以内の温度上昇にとどめる必要があるとされるのは、上記の要因によって、気温上昇が勝手に進んでいく状況になることを危惧しているからです。
それが始まってしまえば、もう温暖化は人間の手では止めることはできません。

温暖化暴走は起きないという学者もいますが、その想定には、人類の排出する温室効果ガスだけでされています。
金星と地球の環境、大気は大きく異なりますが、惑星の元素組成は非常によく似ています。地球の表層に存在する水や炭酸、メタンなどが放出されれば、ほぼ似たような気圧、温度になる量があります。

海底を冷やしているのは、深層海流ですが、それを駆動しているのは、極域の海氷や棚氷です。北極海の海氷は、短期的な増減はありますが、長期的には確実に減り続けています。
https://ads.nipr.ac.jp/vishop.ver1/ja/vishop-extent.html?N
一度完全に融けてしまうと、凍りにくくなるといわれています。海氷がなくなると、太陽光を吸収しやすくなり、気温はさらに上がる。
海氷が減少すれば、世界の深海の水温はゆくっり上昇するでしょう。メタンハイドレートは温度上昇に敏感に反応するでしょうね。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

質問した人からのコメント

2019/5/23 20:51:47

みなさま、回答ありがとうござてます!
原因はともかくとして「環境の激変」による生態系の破壊が最も危惧されます。
「どげんかせんといかん!」
我々はこの難しい問題を解決できるでしょうか?

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/7件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

apa********さん

2019/5/2305:36:50

地球温暖化の影響は、動植物生体系への影響や、海面上昇、気候変動など全世界・全動植物に深刻な状況を与えると思われます(上昇する温度によって変わるので一概には言えません)

ただ実際に温暖化しているかどうかは不明です
NASAは南極の氷は増えていることを公式に発表しています。ただ北極の氷は減っているとは言っています。(南極の氷が解けない限り海面上昇はありません)

CO2が原因と言われていますが、温暖化のグラフとCO2の増加量のグラフを年代表で比べてみると、温暖化の後にCO2が増加しているのが解ります。つまり、CO2が増加したから温暖化したのではなく、温暖化したからCO2が増加したと読み取れるのです。

またIPCCはトップが完全にエネルギー産業の方々なので、様々な利権を考えると素直に信じることは出来ないです

以上のことから、個人的には
北半球は温暖化しており、南半球は寒冷化している、と捉えています。
これは地球のポールシフト(地軸変動)が関係していると見ています。
さすがにCO2は関係ありませんね

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

tom********さん

2019/5/2103:53:00

温暖化の定義を勝手に変えてはだめですよ。
二酸化炭素で説明がつかなくなってきたから、最近はそんな複雑系などをもち出してるんですか?

英語では、 Global warmingと表記してどう読んでもあったかくなるって事です。

エネルギーが溜まりすぎるとか、そういう現象なのなら別の定義をして、温暖化と区別すべきです。それが科学というものですね。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

kou********さん

2019/5/2017:56:34

世界中のほとんどの方、学者さんらは、IPCCの地球温暖化説はそういうものとして、理解して反論なさっておられると思いますよ。

どこかのスタップ細胞などもそうですが、IPCC等はあくまで忠告だよといいつつ、いつも極めて幼稚で子供しみた思い付き・仮説等で、世界中に衝撃的な話題を提供なさるけどその程度の役割は三流マスコミさんらで十分じゃないでしょうか。
むしろそういう彼らの非科学的な妄想や都市伝説等は沈静化するぐらいであってほしいとおもいます。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

kka********さん

2019/5/2017:00:50

地球温暖化は人為的CO2の排出量増大によって大気中のCO2濃度増大による地球の平均気温上昇が原因なのです

これを気象現象と言う事が非論理的です。

地球を一つの黒体と見なします。太陽光を受けて、反射する以外の太陽光は全て吸収します。これが黒体としての性質です。黒体は吸収した量と同じ赤外線を宇宙空間に放射します。

これを地球の熱収支と言って、入射と放射は同じ量になります。これをキルヒホッフの法則と言って、入射した量を吸収した黒体は同じ量の赤外線を放射するのです。

ところが現在は入射した太陽光にくらべて放射する赤外線全量はほんのすこし少なくなっている状態なのです。地球全体では入射光のうちわずかな量が溜まっていると言う事になり、これは大気中にCO2が増加していくからなるのであって、増加が止まれば入射量と放射量は同じになります。

このときは地球温暖化は止まっていることになります。金星の大気は90気圧のCO2で満たされていて、太陽光は厚い雲で反射されていて地球よりも太陽にも近いにも関わらず遥かに少ないと分っています。それにも関わらず金星の地表温度は500℃に迫る暑さで、太陽に一番近い水星の一番熱い地表面より高温です。

この原因をCO2の温暖化を否定する人は大気の断熱圧縮のせいだとか言いう人がいますが、地表面だけではなく大気の中層も500℃近い高温ですから、それは当てはまらず、嘘を言っていることになります。この金星は極めて高温であるにも関わらず、「金星温暖化」とは言いません。高温状態の変化がないからです。

「地球温暖化」は地球の状態の変化の事をいうのであって、気象現象そのものではありません

CO2が温暖化効果があるということは3原子分子と言う性質により赤外線はある波長の範囲の電磁波であることから分子の結合の場にその波長の性質から結合部分が良く振動すると言う原子や分子の性質からも説明できるのです。

「地球温暖化」は「地球が暖かくなる」ことであり、地球の平均気温が急激に上昇していると言う事なので、そこを正しく理解しておく必要があります。

地球には表面積の3分の2を占める海洋があり、地球の平均気温が上昇すれば大気中の水蒸気量が増えて、地球の大気は自転や地軸の傾き、さらに大陸と海洋の間に動く大気の影響に大きな変動をもたらすのです。

これを大規模気候変動と言って大きなリスクをもたらすとされています。大規模い気候変動が気象災害の頻度と大規模化をもたらすのであって、気象現象と言うのはこの段階で、初めて出てくる言葉です。

近年になって、観測史上最高に暑い年を更新する頻度も増えて来て、また観測史上経験した事のない短時間記録的豪雨も、熱波についても大きな人命の損失もあり、また築き上げた社会インフラも大きな打撃を被ります。

今現在、地球温暖化の進行は益々顕著になっており、有効な対策は人為的CO2の排出量増大をストップさせさらには大気中のCO2濃度を引き下げると言う所まで100年200年かけても人類が取組むべき事なのです。

今すぐ取り組めることは原子力発電を推進させて、火力発電を減らして、さらに輸送車両部門を電化する事を世界で進めることですが原子力発電は世界で始まって以来盛んに建設されていますがさらにスピードアップして、100年単位で世界で建設しても地球温暖化を止められるほどではありません。

然し進め方によっては温暖化のスピードを遅らせることは可能でしょうが、産業革命以後1.5℃以下に抑える事はほぼ不可能です。CO2排出を抑えるために、原子力発電ではなく再エネで誤魔化そうと言う動きが、ドイツや日本の様な国でもあるからで、世界の教育レベルがまだ低いからです。

今原発を推進するのは将来のエネルギー確保と言う面でも必至の事ですが、化石燃料がなくなってからと言うより人類は枯渇するよりずっと早くに手放さないと地球温暖化は進んでしまいます。しかしいずれ原子力発電を選ぶしかなくなりますが、それが遅ければ、大規模気象災害によって失う人命が多くなり世界のGDPも大きく損失をだすだけです

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

bff********さん

2019/5/1920:23:31

CO2は関係ないみたいなこと言ってる人いた気がしたけどCO2が熱を閉じ込めるから暖かくなるんじゃないんですか??

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる