ここから本文です

ジャズよりクラシックが上という認識がどうもあるように感じませんか?特に音楽専...

アバター

ID非公開さん

2019/5/2219:21:26

ジャズよりクラシックが上という認識がどうもあるように感じませんか?特に音楽専門関係者に多いです。

某楽器店でジャズピアノ講師をしています(鍵盤)
フルートやバイオリン、声楽などの先生もいるのですが、その方達は伴奏をだいたいピアノニストに頼みますよね。そういう時、皆さん私には伴奏頼んでくれません。映画音楽などポピュラー曲でもクラシック系のピアノニストに(というかクラシックしか弾けないピアノニスト)頼んでいます。
ジャズの先生は楽譜が読めなくて、コードで適当にしか弾けないと思われている感があります。
ジャズ=適当、軽い音楽 と思っている感じです。
ジャズの先生はクラシックもちゃんと弾けてコードでなくても、伴奏譜(2段譜)で依頼してくれればそれだってちゃんと出来るのです。
よくフルートなどの楽譜でピアノ伴奏譜付きのものがありますよね?そういった楽譜も私だって出来るのに・・って思います。
クラシック系の先生が伴奏すると確かに譜面通りにひいてるけどアクセントとかがなんか違うんですよねー。私に頼んでくれたらもっとその譜面を上手に弾くのにぃ〜なんて思いながら聞いてます。
そういうわけで何かイベントがある時など私たけ誰からも依頼されなく、1人だけ講師演奏なしなんて寂しい思いをする事が多々あります。つまり悪い言葉でいうと仲間はずれです。

閲覧数:
517
回答数:
24
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

mar********さん

2019/5/2413:33:12

白か黒の問題。
どちらが上かは歴史や文化、延いては政治の問題にも関わる。
単に文化としては自分は白のみ。
洗練を第一とするから。
黒く臭うのは生理的に…
で、臭わなきゃ本物のJAZZじゃないらしいし。
豚骨やくさやに同じ。
好きな人は「臭いが喰えば美味い」と言う。
好みは自由。
でも、臭わずに、いや良い匂いで美味いものは他にいくらでもある。
わざわざ…笑

で、講師なんだからもちろん譜面は読めるでしょう。
でも、
「クラシック系の先生が伴奏すると確かに譜面通りにひいてるけどアクセントとかがなんか違うんですよねー。」
「なんか」なんかではなく、それが白と黒の違いでは?
で、
「私に頼んでくれたらもっとその譜面を上手に弾くのにぃ〜」
その違うアクセント、白ではなく黒がもし混じるなら、それこそがイヤな人もいはる。

残念ながら、白は黒になれるが、黒は白になれない。
あ、マイケル・ジャクソン!笑
いつも思い出すのはコレ。
https://m.youtube.com/watch?v=ImzkWZkaIIM
クラシックバレエの何と訓練されたバランス、手足の先まで美しい。
静止もピタリと止まる。
それに比し黒…
白か黒を真似る事が出来ても、黒は白を真似る事は不可能。
銀座の老舗の寿司職人は回転にも行けるだろうが逆はムリ。
基本的な鍛錬、技術が違う。
シャリの上にネタが乗ってりゃ何でも寿司ってワケじゃない。

もちろん回転が好きな人もいはる。
それは自由だが、それを以てして「音楽はみな平等」とはならない。
「腹が膨れればみな同じ」とはならない。
差別はダメだが区別は必要。
豚骨だのくさやだの下品な悪食、悪趣味はある。
自分は芸術は洗練を第一とします。
あ、自分、白人至上じゃないですよ。
わざわざ京都に住まいを作って舞妓達と遊んでる。
純和風。
それも京都には最上の洗練があるからこそ。
つまり、洗練至上主義(笑)。

ま、回転は行かないから知らないが、白かヤル黒もツマラないかも。
一方、黒がヤル白は確実にツマラない。
https://m.youtube.com/watch?v=F2glwAnfH_I&list=PLbHGZA9U6GT5voNRsIK...
タダのビビリー。
この名曲でこれでは!
余りに消極的、ただ弾いただけ。
それこそ縛られているのでは?
クラシックから見れば取り立てて聴くに値しない駄演。

これはヤバイ!
知らなかった。
何かのネタ?笑
https://m.youtube.com/watch?v=m6sPJ90HATE

てか、カンタンに言えば、白と黒が同じ、クラシックとJAZZが同じなら、音楽教室がそれらを分けている事自体不思議。
ここと同じで伴奏も、カテゴリが違うとリクエストは来ないです。

長々と失礼。

  • mar********さん

    2019/5/2708:10:19

    ん?
    >余計なお世話かもですが、Keith Jarrettは白人。

    そりゃそうだ。
    写真見りゃ分かる。
    だから「白人」ではなく「白」と書いた。
    音楽の話、形而下でなく形而上の話。
    やはりJAZZってのは…笑
    余計なお世話。

  • その他の返信(1件)を表示

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/23件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

rsa********さん

2019/5/2404:20:22

クラッシックとジャズをやっていました。
ピアノニストって2回書かれてますが。。

もちはもち屋でしょう。どっちが上とかでなく。
ウイントン マルサリスみたいなのは例外としてジャズのグルーブ、クラッシックの息遣いは互いに期待できないところでしょう。
教室内での専門外は個人の資質ですから個人的な付き合いがなければ危険は犯してくれないでしょうね。
>クラシック系の先生が伴奏すると確かに譜面通りにひいてるけどアクセントとかがなんか違うんですよねー。
反対から見れば同じように不満はあると思いますよ。

「フルートやバイオリン、声楽などの先生」はクラッシックの方ですよね。
逆にジャズのボーカリストや楽器奏者の方がいればあなたに伴奏頼んだと思いますよ。
教室にジャズ系の先生が貴方だけなら、既にそこから「仲間外れ」なのですから仕方ないと思うほかないでしょう。
教室はジャズピアニストとしての貴方を必要としている。それでいいんじゃないでしょうか。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

アバター

ID非公開さん

2019/5/2321:58:39

ジャズ=適当、軽い音楽
それでいいじゃないんすか?

クラシックのコンサートに来る人って、あんまり常識がなくて、
クロークがあるのに、荷物を預けずに、
荷物を座席の足元に置いてる人が多いです。
特に一人で来てる人。


ジャズは、お酒を飲めるし、食事をしながら聴く音楽です。
https://www.youtube.com/watch?v=mC0JDm0XskQ

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

cli********さん

2019/5/2318:13:05

こんなの弾いている人は沢山います。
https://youtu.be/R6Zc2vKBF-4
https://youtu.be/NM3iFnwwdeI
https://youtu.be/C8TlpKF1MjY

「オスカー・ピーターソン」
https://youtu.be/NTJhHn-TuDY
日頃から「ハノン」ばっかり弾いていたのだそうです。

先日亡くなった、
「アンドレ・プレヴィン」
https://youtu.be/NWHptlTJF6E
クラシック指揮者・ピアニスト・ジャズピアニストとしても有名でした。

私の知人に、ピアニストになる事を断念してピアノ調律師になった人が居て、
「ピアノは弾けない」
と言うのですが、お酒に酔うと、弾き始めます。手慣らしにショパンのエチュードを弾いてから、即興演奏でジャズを弾いていました。酔ったはずみだから、二度と同じ曲は弾けないのだそうです。悪酔いして泣きながら弾いていました。お酒に溺れたタイプですね。

>ジャズよりクラシックが上という認識がどうもあるように感じませんか?
★感じません。

要は上手いか下手かだけ、です。

mis********さん

2019/5/2317:54:33

むしろ、ジャズの人達の方がクラシック演奏家に対して「ケッ!気取りやがって!楽譜がなきゃ何もできねーんだろ」という雰囲気が多い気がします(^_^;)もちろんジャズプレイヤーの方とも一緒に演奏してみたいと思っていますが、そう簡単に依頼していいものかと二の足を踏んでしまうんだと思います。そしていざお願いしても、コード進行やら小難しい話について行けるのかも不安です(笑)
なので、同じクラシックピアノの方にお願いするんでしょう。頼みやすいでしょうし。

gdq********さん

2019/5/2314:48:12

>クラシック系の先生が伴奏すると確かに譜面通りにひいてるけどアクセントとかがなんか違うんですよねー

これはよく分かります。

ただガチガチに「譜面通り」と言えば、ジャズよりクラシックのピアニストのほうが要求通りにやってくれるだろう、というイメージはあります。下とか上とかじゃなくて、「そういう畑の違い」だと思ってる、と思います。

逆にクラシックのピアニストに「コード渡すから適当に弾いて」なんて言った所でほとんどの人が出来ませんしやろうともしません。そもそもクラシックは楽譜の再現に重きを置いてますし、アドリブなんてのは性質上基本的に許されていません。

仮にあなたに依頼したら「アクセントはこうやるんだよ」という演奏をしたいんじゃないですかね。依頼主からすればそういうのはお求めでないとも言えますし、そういう事を初めからしないと分かってる人に依頼するのは自然な流れでは。

クラシック界隈にも「クラシック至上主義者」はいますし、ジャズ界隈にも「ジャズ至上主義者」はいますんで、そういう方がお互いの畑を尊重せずにズケズケと「自分も出来る、自分ならもっと上手くやる」と言うのはあまり気持ちの良いもんじゃないです。


ただもう今の時代「自分ならこうするよ、こうなるよ」を手軽に発信出来る訳ですから、自分でソリストなりアンサンブルなり用意して「あなたがやったらどうなる」かを動画にでもしてアピールすりゃ良いんじゃないですかね。「そういうの」をお求めな人はあなたに依頼するかもしれませんし、「こういう事も出来ます」を対外的に発信するのもセルフプロデュースの1つです。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる