ここから本文です

なぜ米国は今までファーウェイを放置したのでしょうか?

アバター

ID非公開さん

2019/5/2422:45:38

なぜ米国は今までファーウェイを放置したのでしょうか?

オバマ政権はもちろんですが、トランプ政権も2年くらいHuawei問題を放置したわけですよね。
もっと早くつぶすべきだったと思うのですが、アメリカにはなにか意図があったのでしょうか?

検索:米中貿易戦争、中国共産党、習近平

閲覧数:
74
回答数:
6
お礼:
500枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

ash********さん

2019/5/2501:26:19

別に放置してたわけではないですよ。
2011年にファーウェイ, ZTEを警戒し始めて、2015年にはオバマ大統領は制裁を科すと警告しました。

ただこれまではあくまで疑惑に過ぎず、強硬策は取りづらかったわけです。根拠もなく、潰すなんてできませんからね。

大きなターニングポイントは2017年の中国で国家情報法が施行
です。
そこから翌年の2018年には早速ファーウェイの米国参入が阻止され、2019年の今回があるわけです。

アバター

質問した人からのコメント

2019/5/28 19:05:09

国家情報法が決め手のようですね。
中国人全員がスパイ扱いされてもしかたないような状況になってしまったようです。

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/5件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

プロフィール画像

カテゴリマスター

ric********さん

2019/5/2508:39:20

「5G」がいよいよ現実化になりました。
アメリカは中国に後れを取ってます。
慌てたトランプが強硬手段!
アメリカの懸念は「5G」が軍事に大きな変革を起こすことです。
huaweiは5Gにおいて世界のトップの企業です。

トランプの戯言
「坊主憎けりゃ袈裟まで憎い」です。

kus********さん

2019/5/2501:12:06

内政は知らないけど、外交はオバマさんはアメリカのルーピー(鳩山)って言われてたときあったから、まあしょうがないですねw

kum********さん

編集あり2019/5/2423:24:02

オバマって民主党だから基本的に親中じゃない?
トランプは共和党だし、その中でも保守ですから。
それにキンペー君が本性を、出すのが早かったという評価もありますから、トランプ政権としては都合がよかったんだと思います。
詳しくは渡瀬さんや江崎さんなどの本を読まれては?
もしくは"チャンネルくらら"でかなり細かい分析されてます。
倉山満の「嘘だらけの日米近現代史」も読まれると米中戦争の理解に一本芯が入ります。

yum********さん

2019/5/2423:22:25

オバマは知らんが、トランプは、最初は北朝鮮問題を中国に対処してもらおうとしてたから、制裁しなかったんじゃないかな。
全く中国がアテに出来ないと分かってから、遠慮なく叩き出したんだろうね。

nih********さん

2019/5/2422:52:44

通信事業、そして中国自体に対する圧力というか、トランプ氏流交渉術なんじゃないでしょうか。
通信事業、特に5G通信の展開を見据えて、半導体や基地局を製造する企業の競り合いが激化していく。そこに、国家そのもので主権を握ろうとする中国。技術の特許保有率は年々増加している。米国は、何としても覇権を握らせたくない。産業としても、軍事政治的な理由でも。だから、あの手この手で中国を阻もうとしている。
トランプ氏は、こういう飴と鞭、剛腕な交渉を、ある種評価されてます。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる