ここから本文です

朝乃山の差し間違いの勝で、トランプ杯授与の体裁は整えられた。 如何でしょうか?

sai********さん

2019/5/2502:27:37

朝乃山の差し間違いの勝で、トランプ杯授与の体裁は整えられた。
如何でしょうか?

前ページからのつづき
https://blogs.yahoo.co.jp/syuushigaku/MYBLOG/write.html?fid=1384720&pid=70294265&.done=https://blogs.yahoo.co.jp/syuushigaku/MYBLOG/yblog.html

大相撲、24日の朝乃山と栃ノ心の取り組みで、平幕の浅間山が勝って25日の14日目にも優勝が決まるかもという状態になりました。朝乃山がトランプ杯を受けるという構図は人類が間違った朝の誕生(収穫=悦び))を得ることで、神からの叱責を受けることになります。この取り組みは審判員の長い競技の末に朝乃山の勝となりましたが、栃ノ心の足は残っており明らかに審判員(人知)の判断ミスを示しています。

宗教行事で間違った勝者が、間違った幸福論者から誉を受けることは、現代人の誤りを告発し、反省を促す主の仕組みに驚嘆と怖れ慄きを感じなければならない。

五月十日(GODの日)に眩暈と七回の嘔吐のに秀思學は襲われました。。この日の午前8時48分にM6,3の地震が宮崎県にあった、このニュースで、母ヨハネの新生復活の教えが世界に発信されたと受け取りました、邇邇芸命を迎える猿田彦で、イエスの救いの再臨の通達です。

次週の一週間は仕事を休んでいたところ19日の日曜日に妹の訪問を五年間ではじめて受けました、葬式があって花をもらったからと言って花瓶に入れて持ってきてくれたのです。蘇る為には一度死ぬ(古い自分を殺す)必要がある、にピッタリで主が仕組まれたに違いない、妹の名は朝美で、一緒に来た姪は7歳の日奈で、姉の名は月代です。月代が先、月(腹作りの軍の準備≂最後の晩餐)を受けてこそ朝の誕生をする。
花は真っ白な菊で芯に丸い菊(クリーサンゼマム、廾九理意燦是の母は真珠)があります。その場に台湾で買い求め、渡したいと思っていた菊花石のブローチがあったので渡しました。

翌日の20日は仕事に出ましたが午後には眩暈と嘔吐がきて,この週は休みとなりました。相撲では新大関で注目の貴景勝が、休場し一日の復活でまた長期休場となったこととよく似ています。このことからも今場所の相撲を通じても、朝の字のある朝乃山に神示を託されるかもしれないと注目していたのです。
大関復帰がかかっていた栃ノ心との勝負で、審判員が誤審をしたことは神の警告を察するに大いに興味深いところであります。朝乃山がトランプ杯を受けることになったら、人類に希望はないという程の主の警告であります。

天国の鍵、漢字,地理、歴史,高麗犬、一切神の声、最後の学問「秀思學」のすすめ

補足狛犬は主神と人は母子で不二夫夫(父と勃起)で二人三脚で成長旅をしてGOAL都の故郷へ凱旋、誕生する命の旅をしている。阿運アメンのマントラ(人、男、真運)のトラベル(虎鐘=寅次郎、車→軍→運、命)の先に幸せが約束(プロミス=富露実主)されている。神の約束と人間同士の約束は指が逆であることでダヴィンチ(蛇便、備吽に智)を通して教えられている。

トランプは右手(クチナ=蛇、腹の蝮)で天を指し、大ヤコブは左(日満り)手で天を指して、イエスの予言のイースト菌(東の金口)入りのパン、邪をパンと打つ日本の救い(間→水の結晶の到来)の時を表している。
水晶那緒陽=クリスタル=廾、九理主田瑠、満足、クオーツ=苦を乙(Z=運)なものにする=時を正確に刻む、風見鶏が天岩戸を開けて古稀克交(コケコッコー、=鶏冠、十栄)する

栃ノ心,朝乃山,クリーサンゼマム,菊花石,猿田彦

閲覧数:
79
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

gfd********さん

2019/5/2818:44:39

うがちすぎ

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる