ここから本文です

ピアノの楽譜の「本伴」と「簡伴」2種類には、どういう違いがあるのですか?

m0o********さん

2019/5/2906:30:55

ピアノの楽譜の「本伴」と「簡伴」2種類には、どういう違いがあるのですか?

閲覧数:
30
回答数:
2

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

san********さん

2019/5/3020:56:37

私は学校の音楽教科書(教師用)で見たことがあります。唱歌の本伴奏と簡易伴奏ですね。
本伴奏は作曲家が意図したものらしく88鍵のピアノ(ペダル有り)でないと弾けませんが、簡易伴奏は61鍵のキーボードでもなんとか弾けますし、文字通り簡単に弾けるようアレンジされています。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

プロフィール画像

カテゴリマスター

sho********さん

2019/5/2908:38:21

「本伴」「簡伴」・・・聞いたことない言葉ですが、
「本来の伴奏」と「簡易的な伴奏」ってことでしょうか?

簡易的な伴奏は主に、右手がメロディだけ、左手が単純な音の伴奏、になってることが多いですね。
良い点は、メロディがハッキリしてること。伴奏が簡単なこと。です
また、その場に合わせて演奏者が即興でアレンジできるのもいいです。
保育現場などで扱う子供の歌とか、ピアノ初心者用に簡単にアレンジされたものがあります。

本来の伴奏は難しめです。調号の♯や♭がたくさんついてたり、音の動きが難しかったりで、音楽的には美しいですが演奏が難しいです。
良い点は、歌と伴奏のバランスがよく、美しいことです。

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる