ここから本文です

電験法規 第二種電気工事士は,一般用電気工作物に設置されるネオン用分電盤の電気...

ies********さん

2019/5/3120:19:40

電験法規 第二種電気工事士は,一般用電気工作物に設置されるネオン用分電盤の電気工事の作業に従事できる。
正誤問題で答えは正です。「一般用」のところが「自家用」であれば誤となるのでしょうか?

閲覧数:
44
回答数:
2

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

鈴木 隼さん

2019/6/103:01:57

当然第二種では自家用電気工作物の工事は出来ません。

質問した人からのコメント

2019/6/7 12:45:33

ありがとうございました。

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

isb********さん

2019/6/105:50:02

自家用電気工作物でも受電容量が500KW未満と以上で異なります。

受電容量が500KW以上だと電気主任技術者の管理下で電気工事を行うので、電気工事士免状は不要となります。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる