ここから本文です

中国は紀元前には、周辺より文明が進んでいるにも関わらず、なぜ中国国内の内乱で...

zte********さん

2019/6/117:33:52

中国は紀元前には、周辺より文明が進んでいるにも関わらず、なぜ中国国内の内乱で近現代まで含め他国侵略できなかったの?

紀元前ならば日本も周辺アジアやインド、また弥生縄文だし侵略した

ら余裕で植民地できると思います。

閲覧数:
35
回答数:
4

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

tat********さん

2019/6/118:07:59

一部の例外的な王朝・国家をのぞけば
1つの国家体制で治める事ができる国土には
限界があるからではないでしょうか?

少なくとも移動手段の最速が
「馬」であった時代には
国家の中枢地域から
遠く離れた地域を
中枢の政策通りに制御する事は
基本的には無理があったと考えられます。

そこで中国が考えたのが
「属国」という制度です。

つまり周辺国に対して
中国はその軍事力を背景にして
属国化を要求し
それを受け入れた国家体制には
中国がその国の自治権を承認・保証し

属国は中国の軍事力を背景に
(中国以外の)隣国に対して
優位な状況を得られるメリットを与える
というやり方です。

またこの制度の中では
属国同志が争う事ができない事で
少なくとも属国である隣国同士では
紛争・戦争が起こりにくい事になり
その分、各属国は国内統治に専念できるので
安定した国政が維持できる事になります。

中国は無理に自分で
国境線を拡大して
自国制度を広める事よりは

周辺属国の頂点に君臨する事で
結果的には安定した疑似中華帝国制度を
他国の政治家に任せる形で維持できた訳です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

一方、日本に関しては
属国化が出来ませんでした。

理由は簡単です。

日本が島国だったからです。

中国を含む大陸での戦闘は
陸戦部隊が主力でした。

周辺の全ての国家が
徒歩でも軍隊の移動が可能だった地域では
どうしても陸戦部隊が軍事の中心になり
海軍・水軍はその補助的な役に
留まる傾向がありました。

また、仮に海洋兵力をどれほど強化しても
日本海という天然の「堀」を制する事は
現代の海軍力でも困難であり

当然、人力と風力に頼っていた時代の海軍兵装では
まず日本を軍事的に制する戦力を
日本に送り込み

そして、何よりその兵力を
維持できる補給線を安定的に確保する事は
まず不可能だったという事だったのが
日本が中国の軍事力による属国化を
避ける事が出来た唯一にして
最大の理由だったと考えられます。

実際に現在でも
中国やロシアにとって
太平洋に出る為の航路としての日本海は
決して簡単に制海権を得る事ができる
海域でない事が冷戦中に
ソ連が日本に侵攻できなかった
軍事地政学的な理由でもあったのですからねぇ。

原子力艦船の時代でもまだ
日本海という軍事防壁は、
その有効性を失っていないと言えるのです。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜3件/3件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

dtm********さん

2019/6/718:42:15

冊封体制による朝貢貿易というシステムを選んだからです。はるか以前に明の鄭和による大遠征があったということは、大航海時代をへたヨーロッパの人たちにとって大きな驚きだったようです。

mal********さん

2019/6/118:32:16

インドに行くくらい余裕だろ? って三蔵法師に言ってやれよ。

大きな河川沿いや平野部といった交通の便のいい場所は中国は徐々に征服していっているよ。春秋戦国時代の呉や越なんかはその例だろう。侵略しやすい場所は侵略して形成されたのが清の時代の領土。

それ以上手を広げようとすると、交通面で問題がでかすぎる。
欧州列強が植民地経営に手を出し始めた時代は外洋航路が出来上がった時期で、植民地全盛期は鉄道建設競争があった時代だった。植民地は交通が発達していないと経営できない(意味がない)。
メコン川流域やインドで収穫した米をどうやって長安まで持っていくつもり? 輸送人夫の食料だけで年貢米が足りなくなる。

que********さん

2019/6/118:01:49

ざっくりすぎるけど

紀元前に中国などありません。近代まで漢民族や周囲の異民族が主に中原の支配を目指して争そっていたのです。現在の中国の範図から見ると、そこから周囲の支配を目指していたのではなく、中の漢民族と周囲の異民族が中の支配を目指していたのです。

それに成功して他国を侵略したとなると元や清でしょうね。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる