ここから本文です

中国が世界の覇権をアメリカに取って代わるなんてありえないと思うのですがどう思...

アバター

ID非公開さん

2019/6/312:15:59

中国が世界の覇権をアメリカに取って代わるなんてありえないと思うのですがどう思います?

世界はそれを絶対に望みませんし。

閲覧数:
52
回答数:
7

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

tka********さん

2019/6/312:26:52

まあ、ヨーロッパしだいだな。 ヨーロッパがどっちにつくか。
そのヨーロッパは一枚岩ではない。 ヨーロッパの東側に中国経済が浸透しつつある。イタリアも軍門に下るかもしれない。

南アジアは、民主制よりも中国型の独裁制に違和感はない。
アフリカは中国の勢力圏に入りつつある。

民主主義国家 対 独裁制 という構図ですが、
民主主義が 以前のような絶対的な信頼性を失いつつある。
20年後、30年後、中国の勢力圏にある国々の総体のGNPと、アメリカと価値を共有する地域のGNPが 拮抗する世の中が到来するかもしれない。

そうした場合、カギを握る国がインドだ。
インドがどっちにつくか、決定的に重要な局面が数十年後にやって来ると見る。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/6件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

アバター

ID非公開さん

2019/6/320:40:59

国際情勢は多極化の流れなので、中国がアメリカに並ぶ可能性はありそうです。

田中宇の国際ニュース解説
世界経済を米中に2分し中国側を勝たせる
http://tanakanews.com/190510china.htm

この田中宇の国際ニュース解説は、とても勉強になるのでおすすめです。
ただし、難しいです。

>世界はそれを絶対に望みませんし。

これについては、私は勉強中のため不明です。

yah********さん

2019/6/317:31:38

ありえます、というより、時間の問題。

そう望んでいないのはアメリカの日本だけだからね。

akk********さん

2019/6/316:16:54

あり得ます。ニクソンは予見してたと思います。すぐではありませんけどね。

ich********さん

2019/6/315:41:31

世界が望むか望まないかとは関係なく、覇権を取る国は永久ではない。
実際、第一次世界大戦までは産業革命で世界をリードしていた
イギリスが覇権を手にしていた。世界中に植民地を持ち、有り余る富を
手にしていたことはご存じか?
最近あまり効かなくなって久しいが、金融の中心はイギリスのシティーと
呼ばれる金融街が世界の金融の中心だった。
第一次世界大戦の戦場がヨーロッパだったこともあって、ヨーロッパの
疲弊が甚だしかったため、直接戦場にもならず戦争の特需で
大きく富を増やしたアメリカに覇権が移った。
イギリス以前の大航海時代には、スペイン、ポルトガル、オランダが
海外の植民地を争う = 覇権を争う競争時代だった。

中国とアメリカの覇権争いも、アメリカの衰退が前提にはなるが
中国の一体一路政策や南シナ海の人口軍事棟建設のような
覇権主義丸出し政策がこの後も継続可能な場合、
中国が世界の覇権を握る可能性がないとは言えないと思う。

プロフィール画像

カテゴリマスター

ner********さん

2019/6/312:36:18

今回の米中関税合戦が貿易戦争と揶揄される所以です。
ロシアも巻き込み、「中国vs全世界」という構図に持ち込むのでしょう。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる