ここから本文です

日本史 歴史 小牧長久手の戦いについて 織田信雄は徳川家康に共に羽柴秀吉と...

織田信長に捨てられた里芋さん

2019/6/620:56:42

日本史 歴史

小牧長久手の戦いについて

織田信雄は徳川家康に共に羽柴秀吉と戦おうと誘っておいて

家康に無断で秀吉と和睦したのはなぜですか?

最低な男ですよね

閲覧数:
50
回答数:
6

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

sto********さん

2019/6/810:39:19

実は羽柴秀吉は、徳川家康と先に講和交渉をしていて途中まで交渉はうまく進んでいました(^_^;)
ところが秀吉が人質を求めたので交渉は決裂。

秀吉は、方針を変え織田信雄が籠る桑名城を包囲して要路に城を築き連絡経路を遮断。

その上で秀吉は信雄家臣で面識のある信長旧臣の二名(名は失念、津田隼人だったかな?)を呼び出し、一芝居をします。
「故右府様のお子様を大切に思う気持ちは変わりません【どこが(-_-メ)】中将様が私に害を為そうとされたのでやむなく戦ったのです。もう一度お会いしたい」
感動した二名が、桑名城に赴き信雄を説得。

単なる和睦と思ったのでしょうかね。

『豊鑑』が出典なので信憑性が低い話しと思ったら、似た内容で顕如も日記に記しているので、当時そのような話しが流布していたのでしょう。

城を包囲されているので、家康の了解を取る手段がなかった可能性もあります。
信雄に好意的な見方をしてみました。

秀吉は臣従した織田信雄を内大臣にして豊臣公家成大名の筆頭にしています。
尚且つ、家康でさえ豊臣姓に改姓(諸説あるが名字を羽柴した公家成大名は全て豊臣姓に改姓されている)しているのに、信雄だけは引き続き平姓を認められているので格別の待遇を与えていますので、『豊鑑』の話しもまんざら嘘ではなさそうですね。

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/5件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

peace2qazさん

2019/6/807:36:29

織田信雄は、家康と一緒だと秀吉のところに行けなかったのでしょう。

家康は許さないかもしれないが、ワシだけならなんとか・・・ということでしょうね。

fbb********さん

編集あり2019/6/800:46:12

よく考えたら資金戦力が違いすぎる。家康信雄は
いずれ秀吉に必ず敗北しただろう。質問者の理由どおりなら家康の面子は立つ。うまく徳川家が考えた御用史観にあとから改竄された。長久手古戦場だけなのにだ。この後紀州と四国長曾我部とまた越中佐々は潰された。孤立した家康に勝ち目はない。信雄も後に改易だ。秀吉はひどい人です。

sip********さん

2019/6/719:33:07

そもそも家康だって本気で戦うつもりはなかってす。

不適切な内容が含まれている可能性があるため、非表示になっています。

投稿内容に関する注意

was********さん

2019/6/621:32:56

しょうですなも・・今もであるが血族には3割ワシには理解できぬ本物の馬鹿たれが存在しており・・(´;ω;`)ウッ…(´;ω;`)ウゥゥ・・ギャ~~~レベルなのだ!たちけて栗!信雄君は底抜けのアホだった為・秀吉君もこりゃダミだーーっで放り出すた・・現在子孫では亡き親父が信雄の面影が90%だが超天才級で全学校入学から卒業まで主席・ワシの弟が信雄とほぼ同じ顔だがレベルは普通の上ですな!結論=最低の表現は無意味☞本物の馬鹿が正解である。弾正忠家当主・名古屋。

プロフィール画像

カテゴリマスター

jun********さん

2019/6/621:19:54

秀吉によって、伊勢や尾張の領地を荒らしまくられたからです。
尾張犬山城や竹ヶ鼻城、伊勢の松ヶ島城といった、
重要拠点が次々と陥落してしまい、配下の将士が動揺して、
戦争継続が困難になったからでしょう。

まあ、それでも何の事前相談も無く、単独講和するなど、
家康を自分の家来としてしか、見ていなかったのでしょうね。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる