ここから本文です

現在のウラジオストク、ハバロフスクがある辺りはかつて中国(清朝)の領土だった...

hit********さん

2019/6/707:23:07

現在のウラジオストク、ハバロフスクがある辺りはかつて中国(清朝)の領土だったのは本当でしょうか。

閲覧数:
44
回答数:
3

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

beg********さん

2019/6/708:07:20

その通りです。そもそもの国境は、清朝全盛4代康熙帝の時代にロシアと結んだネルチンスク条約で、清の領土は樺太を含む外興安嶺(スタノヴォイ山脈)以南と定められました。しかし、その後清朝の弱体化による愛軍条約の結果、ネルチンスク条約は廃棄され、現国境が確定しました。

質問した人からのコメント

2019/6/12 06:41:31

お返事どうもありがとうございます。

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

不適切な内容が含まれている可能性があるため、非表示になっています。

投稿内容に関する注意

ofy********さん

2019/6/721:43:15

全く出鱈目だ。

日本が朝鮮侵略するまではその地域は朝鮮領だった。

所が日本が満州を手に入れるのにその朝鮮領土を交換条件に満州国を得ているので終戦と同時にこの朝鮮領土が中国領にされて終っている。

面積は現在の北朝鮮領土位の広さが日本の侵略で中国領になって終っている。
日本画侵略しなければ朝鮮領と韓国合わせれば日本よりも面積は大きい。

kir********さん

2019/6/708:17:16

中国系(満州族、朝鮮族)の住民はシベリア地域にもむかしから進出していました、しかし東からロシア勢力も進出してきます。
ロシアと清国の間に、国境線をさだめた最初の条約が1689年のネルチンスク条約です。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8D%E3%83%AB%E3%83%81%E3%83%B3%...ファイル:Manchuria.png

その時、外満州という地域に属している両市は、清国の領土とされていました。

しかし1858年の愛琿条約と1860年の北京条約で、このアムール川左岸地区はロシアの領土となります。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる