ここから本文です

美容師三年目です、美容師の方に質問します。 パーマの2液に付いてです。

アバター

ID非公開さん

2019/6/1010:30:22

美容師三年目です、美容師の方に質問します。
パーマの2液に付いてです。

中間水洗後に
臭素酸の2液2度付け15分後酸リンスまえ
だと残留アルカリ(アルカリ性)なのに
過酸化水素2度付け5分後酸リンス前で
中性以下、。残留アルカリが中和されているのは
なぜでしょうか?分かる方お願いします。
もう一つは、臭素酸の時はロットアウトして
酸リンスでアルカリ除去しますが
過酸化水素水の場合はアルカリが残って無いので
アウト後の酸リンスは不要ですか?

補足お二人ともありがとうございます。
結局のところ結果としては解るけど
どうしてかの科学的な事は解らないのですね。

この質問は、活躍中のチエリアン・専門家に回答をリクエストしました。

閲覧数:
50
回答数:
2
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

nhg********さん

2019/6/1218:40:52

確証は無いのですがある程度急な酸化はアルカリを減らしているように
思うですよ。そう思う理由が
A ヘアカラーでお湯で乳化してもう一度乳化して濯ぎの髪と
Bお湯で軽く濯いでヘマチン(乳化中性製品)→重ねてカタラーゼ乳化(中性製品)した時の髪。
では、Bの方がPH落ちているですよ。パーマでも
過水でph落ちてるのは知ってるが急速な酸化が
あるかる除去できるのかどうか科学的な子事が分からないので
実感だけです。
だから単に製品が中性か酸性だったか、だけではないような気はします。
パーマの場合、過水で中性以下になっていても最後に酸リンスは
沿た方が良いと思います。

アバター

質問した人からのコメント

2019/6/13 10:00:50

ヘアカラーでの結果は
唯一、凄く参考になりました。
ありがとうございました。

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

プロフィール画像

カテゴリマスター

hin********さん

2019/6/1011:49:51

まず臭素酸にもアルカリ性のものがありますが、どちらで検証されたのでしょうか?

それと、1液と2液のアルカリ度と酸度でも結果は変わると思います。
単純にアルカリ性と酸性のことではなくて、そのアルカリと酸の濃さみたいなものです。
同じPHでも度が強いと結果が変わるってことです。

例えば2剤が同じPHでも1剤のアルカリ度に対して2剤の酸度が低ければ、パーマ後にもアルカリ性のままだったりしますよ。
2剤やバッファー剤の酸度が低いと、パーマ直後では酸性でもしばらく経つとアルカリを示すこともあります。


酸リンスが不要か?
実際にその後にどうなのかまで検証されてみてはいかがでしょうか?
気になるパーマ工程の後にストレートアイロンをして2剤をもう一度付けて時間を置いて流してみてください。
すると酸化不足が分かると思います。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる