ここから本文です

男子サッカーの強豪国が そのまま女子サッカーの強豪国と シンクロしないのはナ...

cab********さん

2019/6/1013:13:50

男子サッカーの強豪国が
そのまま女子サッカーの強豪国と
シンクロしないのはナゼですか?

.
例えば2018年の男子1位はベルギーですが、
同じベルギーの女子は同23位。

最近健闘しているとはいえ日本男子は26位なのに、
なでしこは7位。いや、8年前のW杯優勝の時は
もっと上だったはず。
ブルーがひとケタまでランクを上げたことはありません。

競技人口を云々するなら、日本女子は男子に比べて圧倒的に
不利な立場にありながらこの数字。

面白いのはアメリカで、女子の1位は分かるとしても
野球、アメフト、バスケットに押されっぱなしの
男子サッカーが24位と日本より上。
在米の友人が「サッカーなんてなかなか点の入らないスポーツ、
アメリカ人はだれも見ない」そうです。でも世界24位。

この現象を合理的に説明してください。

ちなみに今年のW杯のなでしこ、どこまで行けそうですか?

閲覧数:
83
回答数:
4

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

プロフィール画像

カテゴリマスター

nic********さん

2019/6/1013:44:33

女子サッカーが強いのは、
女子サッカー選手が食べていける環境にある国です。

経済大国、旧共産圏(国家の支援)、北欧諸国(女性の社会進出が顕著)が、
それに該当します。

男子サッカーはビジネスとして成り立ってる国が数多くあり、
競争が激しいので後発の日本はなかなか追い付けません。
一方で女子は上述のように、
競技者がまともに競技を続けられる国が少ないので、
競争率が低い。それが最大の理由です。

因みにアメリカでもサッカーはそこそこ人気ですよ。
その友人が知らないだけです。フォーブスのリンクを参照に。
https://forbesjapan.com/articles/detail/19325

なでしこの結果は決勝Tの組み合わせ次第だけど、
ベスト8くらいじゃないですかね。

  • 質問者

    cab********さん

    2019/6/1221:25:31

    回答どうも。

    私もアルゼンチン戦を見て「ベスト8かな、下手すりゃリーグ敗退もあるな」とか思ってしまいました。

    失うものが少なかった2011年(津波の年でもあった)とは、たかが8年、されど8年。何だかんだ言ってノリさんは偉大でしたね。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

ベストアンサー以外の回答

1〜3件/3件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

sas********さん

2019/6/1020:16:41

FIFAランキングは男子と女子では算出方法が若干違うので、そのまま比べることはできません。
女子のランキングは昔の成績も反映され、男子は直近の成績が影響されやすい仕組みになっています。

ですが、それを踏まえても、男子の強豪国は概ね女子もランキングの上位にいる傾向にあります。

例外として挙げられるのがアメリカ、カナダ、オーストラリア、日本ですが、これらの国はいわゆる先進国です。

自分の娘にスポーツをやらせる経済的余裕のある家庭がある国は、世界的に見たら少ないのです。
また、団体競技は子供の情操教育に役立ちますが、やはり、中流階級以上でないと子供の教育に積極的にお金を使う家庭は少ないです。

アメリカには「サッカーママ」と呼ばれる中流階級の主婦がいますが、典型的な例です。

中国と北朝鮮もランキングの例外になりますが、これは昔の名残です。

本気で女子サッカーの発展に力を入れている国が少なかった時代に、国家によって強化が進められていたためです。
ですが、ある程度発展したら頭打ちになるのが共産主義の宿命。
徐々に衰退しつつあります。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

blu********さん

2019/6/1016:27:57

全世界共通で男は男が好むことを女がやることに拒否感を示します。

男の人気ナンバーワンスポーツは=男のスポーツであり、男のスポーツを女がやることに拒否感を覚える。

だからサッカー人気が高い国はサッカーは男のスポーツと認識され女子競技普及に弊害が出てくる。

日本やアメリカや中国はそういうしがらみがないから普及しやすく強くなったというわけです。

ちなみに日本では野球が、アメリカではアメフトが男のスポーツと認識されています。


アメリカは移民の国で移民元の多くの国ではサッカーが1番人気なのでアメリカの男子サッカーは結構人気あり強いです。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

kur********さん

2019/6/1015:53:30

サッカーという競技は、男性(紳士)らしさを求めるカレッジスポーツとして英国で発祥し、その後労働者階級のプロ化によって世界に伝播した競技で、きわめて男くさい競技のひとつです。全世界的に女性サッカー熱は男性サッカーに劣り、この結果、一言で言うと「まともに相手にされない、イロモノ」でした。

結果、男子サッカーに比べてきわめて遅れたものであり、サッカー文化が優れた国ほど、男子サッカーに比較した女子サッカーのステータスが落ちる傾向にあります。

その上、女子のスポーツ進出、平等性などが劣らず、金のある先進国(あるいは共産圏)でしか、団体女子スポーツなんか出来ません。

各国について説明します。
ベルギーは、男子サッカーが急激に伸びた国で、男子>女子という構図であまり語りにくい相手です。オランダ含めこのあたりの考察は出来ていませんので、ここはスルーさせてください。(歴史的、宗教的な何かがあるのかもしれません)

日本は、スポーツ後進国であり、先進大国なので、サッカーと女子スポーツの親和性が高い。日本が戦術面でリードをとったから、女子サッカーの進化があったといってもいいくらいです。

米国は、サッカー蔑視国であったからこそ、女子のスポーツとしては上位にあり、(逆に女子アメフトなんか、イロモノです)、世界大国といえます。
また、男子サッカーも蔑視がなくなってきてから急激に伸びてきました。アメリカン興行と欧州サッカー機構をブレンドした、アメリカンなサッカー文化が育ってきています。人によっては、まだまだマイナーな存在と思っているでしょうが、野球に追いつこうとしているレベルです。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる