ここから本文です

黒人は身体能力が高く、世界にサッカーで活躍してる黒人選手はたくさんいます。サ...

bdp********さん

2019/6/1100:44:16

黒人は身体能力が高く、世界にサッカーで活躍してる黒人選手はたくさんいます。サッカーフランス代表や現在のカタール代表のように黒人を帰化させてその黒人の子供を小さいうちからサッカーの英

才教育をすることで黒人の身体能力を活かしたトップアスリートを作ることができます。現在アフリカにいるポテンシャルの高い黒人の子供はたくさんいます。黒人の子供をアフリカで身体能力テストをしてその中で認められた子供を日本含めサッカー先進国のクラブ下部組織でサッカーの英才教育をし、トップアスリートにすることは可能だと思います。こういった事例は実際あるのでしょうか?またポテンシャルの高い黒人の子供をクラブに紹介する仲介ビジネスが成り立つと思いますが、実際にそういったビジネスはあるのでしょうか?

閲覧数:
70
回答数:
3

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

プロフィール画像

カテゴリマスター

foo********さん

2019/6/1106:05:39

そんな人身売買のようなビジネスが認められるはずがありません。
18歳未満の選手の国外移籍はFIFAが禁止していますし。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

kok********さん

2019/6/1400:47:09

帰化許可申請をするためには、5年以上合法的に在留していなければいけませんが、何の在留目的も無く中長期在留資格で日本に入国することはできません。
日本は、世界でも入国管理の厳しい国のひとつです。

プロフィール画像

カテゴリマスター

bat********さん

2019/6/1101:14:45

プロサッカー界では以前からビッグクラブが世界中から幼い子供を買い漁るのが問題視されており、 FIFAは『18歳未満の国際間移籍の禁止』という規定を設けています。

特に近年はこの規定のチェックが強化され、違反したクラブには1年間の補強禁止などの厳しい罰則が課されます。プレミアリーグのチェルシーが今まさにこの処分を食らっており、スポーツ裁判所に上訴するなどの事態になっていますね。

また、いま日本で話題の久保建英がスペインから日本に帰国せざるを得なかったのもこのためで、FCバルセロナもやはり1年間の補強禁止処分を受けています。


アフリカではプロサッカー選手として活躍することを夢見る貧しい子供を騙し、強制労働などを強いる闇ビジネスが横行しているようですが、現実に欧州に渡りクラブの下部組織に所属することは、現在ではかなり難しくなっていると思います。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる