ここから本文です

独身の会社員が所得控除を受けられる方法を教えてください。確定拠出年金のように...

アバター

ID非公開さん

2019/6/1110:19:22

独身の会社員が所得控除を受けられる方法を教えてください。確定拠出年金のように、所得控除が受けられる方法は他にどんなものがありますか?

昨年度から、残業や休日出勤などで給料が良くなったのですが、今月の給与明細を見たら、額面総額で44万円に対して、手取りで32万円、そこから家賃光熱費を引くと手取りで20万円ほどです。1ヶ月の休みが1日しかなく、残業もかなりしており体がボロボロなのですが、あまりにバカらしくなります。

閲覧数:
25
回答数:
2

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

ham********さん

2019/6/1110:25:51

生命保険 医療保険
などが一般的
https://www.nta.go.jp/taxes/shiraberu/taxanswer/shotoku/shoto320.ht...

あとは
医療費かかったら レシートとておくとか
でしょうね。

ふるさと納税もありかもね。
(やっていないので詳細は語れませんが)

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

アバター

ID非公開さん

2019/6/1119:29:02

所得控除の候補としては、

1.生命保険料控除
上限額があります。自分で計算して控除額を出す必要があります。

2.地震保険料控除
控除金額は、支払った保険料の全額。ただし所得税では5万円が限度。住民税では支払った保険料の半分まで、最大2万8千円まで控除することができます。

3.医療費控除は年間10万円以上の医療費について、その超過額が控除されます。

4.ふるさと納税は寄附金控除になります。ただし個人個人で違うため、所得額と年間予想税額を計算しながら、進めていかなければなりません。

5.介護医療保険料控除
平成24年以降、介護保険や医療保険に加入した場合、生命保険料控除とは別枠で介護医療保険料控除の適用を受けることができます

※所得控除を利用すると、所得税だけでなく住民税も下げることができます。


あまりムリをされないように…。

からだを壊しても、会社はなにも責任をとってくれませんから。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる