ここから本文です

引っ越した先の近くにパワーストーン屋さんがあり、興味本位で行ってみたところ以...

miu********さん

2019/6/1423:43:05

引っ越した先の近くにパワーストーン屋さんがあり、興味本位で行ってみたところ以前より欲しかった糸魚川翡翠の勾玉が¥1900という格安で販売されており、お店の人から『当店の糸魚川翡翠には全て鑑定書があるから安

くても大丈夫』の勧めもあり購入しました。
しかし、私が持っている翡翠のビーズとは全く違うため、鑑定に出したところ『何の石か不明。翡翠ではない』という結果でした。
鑑定書があるという事で、お店に行き『鑑定書をいただきたい』と話したところ『簡易鑑定書になるため沢山あるので、すぐに見つけられないから見つけて連絡する』との事でした。
ネット販売もしているお店ですので、ネット販売を見たところ完売している糸魚川翡翠の勾玉(こちらは数万円で販売していました)がありました。
お店の人の話では『大量購入しているので、鑑定書もまとめて来る。鑑定書不要のお客さんもいる』と言っていました。
鑑定書不要のお客さんの分を偽物のパワーストーンに付けて販売している感じを受けました。
また、店主が行うヒーリングという行為で『病気が治る』と言っています。
これは薬機法違反になるのでは?と思います。
かなり怪しい店に行ってしまい、後悔しています。
糸魚川翡翠が偽物とは分からず、他にも天珠やビーズを購入したので、そちらも鑑定に出して、今、結果待ちです。
私自身、店には二度と行かないつもりでおります。
このような偽物のパワーストーンに鑑定書をつけたり、ヒーリングという行為で『病気が治る』と言っている店の対応は違法にはならないのでしょうか?
また、この件を通報するとしたら、どこの機関になりますでしょうか?
教えて下さい。

パワーストーン 偽物 ヒーリング 病気が治る

閲覧数:
168
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

KUROさん

2019/6/1509:43:22

まず。

翡翠に「鑑定書」はつきません。
鑑定書がつくのはダイヤモンドだけです。

ダイヤモンドだけにはランクを判定する基準(いわゆる4C)ふぁ設定されていて、質を判断することができるからです。
その石がダイヤであること、ランクがどれくらいであるかを判断した結果が鑑定書。

他の石には質の基準がないので、その石がなんであるか、加工されているか、いないか、されているとしたらどんな加工かを判断します。
その結果を記したものが「鑑別書」です。

翡翠ならばその石が正しく翡翠であるかどうか、染色やワックス含浸などの加工がされているか、いないかを判断するだけで、普通は糸川産であるかどうかは判断の範囲外です。
※原石の段階から加工にかかわっている店や協会が「間違いなく糸魚川産」と鑑別書をつけてる場合もあるかも(鑑別書は専門機関でなければ出せないものではないです。その判定をした人(機関)の信頼度が問われますけど

ただし、鑑別書は判別した石だけに有効なものです。極端に言えばたくさんビーズを仕入れて一粒だけ抜き取って鑑別に出して「翡翠です」という結果だったとしても、他のビーズについてはその鑑別結果は効力を持ちません。

なので、鑑別書と鑑別した石はセットにされているべきもので、その点ではそのお店の扱いはいい加減と言えます。

ですが、翡翠というのはややこしい石でもあります。
糸魚川翡翠はジェダイド(硬玉翡翠、ひすい輝石)ですが、厳密にはジェディタイトといわれるひすい輝石を主成分とした岩石(ひすい輝石岩)なんです。

ひとかたまりの石があったとして、それが水晶だったらこっちの端っこもこっちも、ひとかたまり全部水晶といえますが、岩石である翡翠は主成分であるひすい輝石にちょっとした成分の差で別の石に区別されてしまう輝石や(例えば、糸魚川翡翠でも、緑の部分はオンファス輝石という別の鉱物のことが多いのです)他の鉱物がマーブルのように混じり合っていて、大きな塊があったら「ひすい輝石の割合が多いからこの部分は翡翠といえるけど、こっちは別の鉱物が多いようだから厳密には翡翠と言えない」なんてこともあり得ます。

ぶっちゃけ、パワーストーンみたいに大量にビーズにしてしまった場合、いちいち判断してないでしょう。
ましてや簡易鑑別は目視による判断が多いですから「ざっくり翡翠」みたいな結果になっても不思議ではありません。

また、翡翠のような「岩石」の鑑別は、鑑別する人によってもさが出ます。厳しいところは「ひすい輝石が90%に満たないから翡翠じゃない」と言うし、同じ石でも「パーセントはちょっとかけるけど、色つやや質感は翡翠と言っても良い」みたいな結果だったりします。
混ざりすぎていると「判断できない」だったりもします(ムリに判断してあとで間違いとわかるよりは「鑑別不能」という結果を出したりするとか。

だから、あなたの買われた石が、翡翠でもなんでもないまったく別のものを翡翠と偽って売ったのか、岩石なので成分にむらがあって、たまたま判断が難しい、あるいはひすい輝石の割合が少ない部分だったのか、わからないですね。


天珠も鑑定(ダイヤではないのでこれも鑑別になります)に出したとのことですが、残念ながら鑑別は役に立ちません。
すでに申し上げたように鑑別はそれがどんな石か、加工されているか、いないか、されているとしたらどんな加工かを判断するもので、天珠だったら「天然カルセドニー、染色加工あり」みたいな結果になると思われます。(もしガラスやプラスチックだったら「人工素材だった」とわかるわけですが、見かける割合は高くないです)天珠か天珠でないかは鑑別では判断されません。

ビーズも、スーパーセブンやレムリアンシードみたいなパワーストーンの名前は鑑別の範囲外です。


「病気が治る」ですが、問い合わせるんだったら国民生活センターでしょうか。
ただし、占いと同じで「占いが当たらなかった、詐欺だ!」「占いなんて常識的に考えて当たらないもの、占いの料金は占うというパフォーマンスに対する対価である」と見なされるようなグレーゾーンがあるので、難しいと思います。

  • 質問者

    miu********さん

    2019/6/1513:11:43

    ご回答くださり、ありがとうございます。
    鑑定ではなく鑑別になると知り、お店の方からは『鑑定書付き』と言われていた事、品物と鑑別書が一緒になっていないのでいい加減さが分かりました。
    以前、天珠を鑑別に出した事があり、天然石を加工したものであれば良いと思っていたので、結果は『天然めのう 着色あり』というものでした。同じ鑑別会社に依頼したので、機械にかけて成分を分析し、石の種類を判定するものだと思います。
    もしかしたら、ざっくり翡翠を勾玉に加工したものなのかも知れないですね。
    鑑別書の件と『病気が治る』発言について、国民生活センターにお問い合わせ程度で話してみようと思います。
    ご回答くださり、ありがとうございます。

  • その他の返信を表示

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

質問した人からのコメント

2019/6/18 23:35:52

この度は、さまざまな角度からご回答下さり、ありがとうございます。
良い方向に解決できそうです。
ありがとうございます。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる